解説いまアドワーズが怖い!?でも今がチャンスなんです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

※現在、ドロップシッピングでアドワーズは利用できません。

最近、アドワーズのアカウントを停止される方が増えているようですね。


アドワーズに限らずグーグル自体の動きとして、

規約にそぐわない利用者を排除する動きが活発になっています。


アドワーズを利用されている人は、この機会に規約をもう一度

確認することを強くおすすめします。

仕入れ商品、特にドロップシッピングのように個人が利用できる

仕入れ商品は扱う人がとても多いです。


しかも、もしもドロップシッピングやRMDSでは販売ページを

簡単に作れるツールがあります。


これを使うとアッという間に、販売ページができるのですが、

どのページも全く同じ、またはほぼ同じようなコンテンツになりますよね。


ゆえに同じキーワードで同じような販売ページが乱立するわけです。


何十万人という会員が日々ページを量産しているわけですから、

一日に生成されるコピーページは、とんでもない量になっているはずです。


グーグルからすれば、そのような販売ページはいらないのです。


以前からアドワーズはヤフーに比べオリジナル性の乏しい広告に対し

厳しく警告を送っていました。


実際、私自身警告を受けたことがあります。


それ以外にもクリック単価が急激に高騰するグーグルスラップや

品質スコアを下げられるようなペナルティを受けることだってあります。


で、今回アカウントを停止された人たちの状況を見ていくと、

警告やペナルティを受けるようなことを繰り返していたようです。


グーグルスラップ対策としてドメインを代える方法があるのですが、

それを繰り返していた人たち。


そしてドロップシッピングでは、オリジナル性の低い販売ページの量産です。


手間なく売れる商品を探す手法として、できすぎくんを量産する方法が

ノウハウとして公開されていたわけですが、アドワーズでは今後、

その手法は使えないということです。


しかし、逆に考えればこれはチャンスでもあります。


正しい方法で広告を利用すれば、ライバルがほとんどいない状況に

なっています。


このことに気づいていますか?


良くピンチはチャンスなどと言われますが、まさに今がそのときです。


正しい方法で広告を利用することを意識してください。

そして販売ページを作り込んでみてくださいね。

「でも正しい方法って何?」

確かにそうです。


でもグーグルはヒントを公開しています。


それがこちら!

中で独創性のあるコンテンツという部分が重要で、一部を抜粋すると

  ミラー ページ: 親サイトを模倣したページ。親会社のサイト
  またはその他の広告主様のサイトをミラーリングした
  (デザインが似ているか、ほぼ同じである) サイトは許可されません。

とあります。


つまり先ほども言いましたが、できすぎくんをそのまま

使っちゃダメだよってことですよ。


逆を言えば、自分でコツコツ作った販売ページなら大丈夫ってことです。


あとデザインについても評価されているようなので、

できすぎくんの枠をそのまま使うのも、ちょっと怖いですね。


私が販売しているテンプレートを使ってみるのもひとつの手ですし、

ご自身のショップを構築するのも良いでしょう。


↓私が販売しているテンプレートはこちら
※このテンプレートを使えば100%大丈夫って意味ではありませんよ。
デザインも評価の1要因だと言っているだけですからね。


ちなみにヤフーだって、同じ気持ちのはずなんです。


が、ヤフーはグーグルと違って温厚(?)な会社である印象があるので

グーグルほど強行なことはやりません。


が!


しかし、今後もやらないという保証はないわけですよ。

この点は十分認識しておいたほうが良いです。


どちらにせよ、

今後は販売ページの質が問われる時代になってくるでしょう。


ですから私は将来への投資として、次のことを重視しています。


・オリジナル性の高い販売ページ作り
・SEOによる上位表示


単にオリジナルであれば良いというわけではありません。

販売力のあるページ作りは欠かせなくなっているのです。


なぜならPPC広告の単価が高騰している今、販売力のない

水をザルですくっているようなページでは生き残れないのです。


また商品名のように誰でも考えつくような市場を

いつまでも狙っている場合でもありません。
(※でも分かりやすいので、手始めはここからスタートしてくださいね。)


売れる商品を知らない人たちに訴求できる販売力のあるページを作り、

ライバルの少ない市場にリーチしてゆく行動力を持つ必要があるのです。


そしてSEOも重要です。

PPCは正直薄利です。


それでも売れ行きやアクセス数をすぐに確認できるというメリットが

あるので利用するわけですよ。


でもPPCだけでは薄利過ぎて息切れしてしまいます。

やはりSEOによる無料で息の長い集客も行う必要があるでしょう。


SEOなら純利益で15%から20%くらい取れるのに対し、

PPCでは5%から7%くらいです。


大体、売上の1割くらいは広告費として消費してしまうので、

結構な割合です。


SEOとPPCの利益の差は売上に対する割合で見ていると

10%程度ですから、大したことないと思っているあなた!


ビジネスを理解していませんね。

こういうものは、純利益で比べる必要があるんですよ。


10%の差ではなく、300%も差があることにお気づきでしょうか?

SEOで1個売れた純利益は、PPCで3個売ったときの純利益に

匹敵するのです。


うーん、やっぱりSEOは最強だなと思うわけで・・・(笑)


SEOについて知りたいなら、

私が1年前に寄稿したSEOの記事がもしもにありますから、

まずはそちらをご覧くださいね。


あと、このブログやメルマガのバックナンバーもおすすめです。


ちなみにもしもに寄稿した記事では、2階層モデルでのSEO対策を

ご紹介しています。


これは基本構造になるのですが、今はサイトの質が問われるので

3階層モデルでSEO対策を構築することが重要になっています。


今は2階層だけでは苦労しますね。

というか上がらない。


この辺は、以前から想定していたので、私の塾では開講当時から

SEOは3階層モデルで教えています。


SEOはあまりトレンドを追わないことが長く生き残る

コツだと考えています。


と、ここまで書いて、なんだか本筋からそれてきたので、

今日はこの辺まで。


では、また次回お会いしましょう!


そうそう、またムームードメインで格安キャンペーンを

やっていますよ。


しかも .com は前回からさらに半額近い価格に!?

通常価格と比べると驚きの価格です。


たぶん、またキャンペーンをやるだろうなぁと思いながら

待ちきれずに昨日6個ドメインを取得しました。

結構ショックです(笑)


ムームードメインはこちら

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事