解説オークションの利用

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
DSガイドの和田です。


今日はオークションを利用したもしもドロップシッピングの
活用方法をご紹介しますね。


もしもドロップシッピングは自分のショップで販売するもの。
そうあなたは決め付けていませんか?^^


ショップで売る方法以外にも、いろんな方法があると思います。
例えば知り合いにメールで紹介するとかね。


これも1つの販売ですから。
そして今回紹介するオークションを利用する方法があります。


オークションには多くの人が集まっていますから、
あなたは商品を販売するところに集中できます。


販売の1つの壁として集客がありますが、オークションは
集客で困ることはありません。


これは非常にメリットがあります。


どうせ商売するなら人通りの少ない路地裏で商売するより、
人通りの多い繁華街で商売したいものです。


それを簡単に実現できる場所がオークションなのです。


ですから、オークションを1つの販売方法として利用する
ことで売上を伸ばすことができるんです。


実は私も第2回のドロップシッピング選手権では、1つの
販売ルートとして活用しました。^^


さて、ここで1つ疑問に思われた方がいらっしゃるかもし
れません。


「オークションは手元に商品がなければいけないのでは?」
ですね。


そんなあなたは、なかなかのオークション通ですね^^


オークションと言えば、ヤフーオークション(ヤフオク)が
圧倒的に人気なのですが、以前のヤフオクは手元に商品が
あることを条件としていました。


しかし、現在そのガイドラインが見直され、手元に商品が
あることを条件としてうたっていません。
ご存知でしたか?


しかも、某DSPとヤフオクでちゃんと話し合いが行われており、
ヤフオクでドロップシッピングを活用することの了解が取れているんです。
(※問題が起こらなければという条件があるんですけどね)


つまりドロップシッピングを利用してヤフオクに参加する
ことが可能なのです。


これでヤフオクを利用しない理由はなくなりましたね。
また、ヤフオク以外ではモバオクも人気があります。


ヤフオクとモバオクの2つを利用すればかなり効率的に
売上を上げることができるでしょう。


では、次の記事もどうぞ。
オークションを利用するメリットとデメリット

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事