解説売れるショップの公式

このエントリーをはてなブックマークに追加

誰しも売れるショップを作りたいと思うもの。
しかし、思うようにはなかなか行きません。


まぁ、そんなもんです。
最初から、売れるショップは作れません。(言っちゃった・・・)


最初から作れたら、それはあなたが天才か、または経験者であるか
どちらかでしょう。


でもです。
思い出してください。


初めて自転車に乗ったときのことを。
初めから上手に自転車に乗れましたか?


乗れなかったですよね。
でも、諦めずに練習することで乗れるようになりませんでしたか?


ショップ作りも同じなんです。
練習を積み重ねることで上手になって行くんですね。


諦めずに続けることが大切ってことです。
でも、どんなことにもコツというものは存在します。^ ^
ショップ作りもそうです。


ショップ作りにコツがあるとすれば、次の公式を意識することかなって思います。。


売れるショップ = 売れる商品 × 売れるページ × アクセス数(興味のあるユーザーアクセス)


これが売れるショップの公式だと考えています。
この公式の3つの要素に注意しながら、ショップ作りをすることで失敗を減らすことができるでしょう。


では、簡単に各要素をご紹介しましょう。

売れる商品

商品の中には売れない商品、売りにくい商品があるのです。
売れない商品、売りにくい商品を扱っても、大変なだけです。


売れる商品を扱うことが大切です。

売れるページ

売れる商品を扱っても、欲しいと思わせるページを作れなければ売れません。
売れるページ作りも必要な要素となります。

アクセス数(興味なるユーザーアクセス)

アクセス数とは、あなたのショップを訪れるお客様の数のことです。
たくさんのお客様に来て頂ければ、当たり前のことですが売れる確立は増します。


ただし、闇雲にアクセスを増やしてもダメです。
販売する商品を欲しいと思ってくれるであろうお客様を連れて来なければなりません。


例えば釣り道具を販売しているページに、釣りをしない人を連れて来ても売れませんよね?
ですから、訪れるお客様の嗜好も考慮する必要があるのです。


因みに、これをユーザー属性と言ったり、単に属性と言ったりしますね。


最後に1つ隠れた要素をご紹介します。
この隠れた4つ目の要素は魔法の要素です。


ですから、公式には含まれていないのです。^ ^


その4つ目の魔法の要素とは、楽しみながらショップ作りをするということです。
楽しみながら作ることでスピーディにショップ作成が出来ますし、続けることが出来ます。


また、楽しいという気持ちがお客様に届くかもしれません。
それが売れるページのエッセンスになったりするんです。


4つ目の要素。
忘れないでくださいね。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事