解説ショップ名を決めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

では、次にショップ名のつけ方についてです。


ショップ名は、いわばショップの顔です。
ですから分かりやすいものが良いでしょうね。


名前からショップが扱っているものが連想できれば最高です。
たとえばショップ99。


商品の価格が99円というのがウリですが、それがショップ名になっていますね。
セブン・イレブンも今でこそ、24時間営業ですが、もともとは営業時間がウリであり名前でもありました。


このようにショップ名にコンセプトが入っていると分かりやすいですね。
でも難しい場合、ショップの説明でコンセプト、ウリを補足してあげることができますから安心してくださいね。


たとえば、

30分以内にフレッシュで熱々のピザをお届け
翌朝にはお届けします。
勝者が身に着ける時計

こんな感じです。


これにさらにエッセンスを加えることで、アクセスアップを目指します。
ショップ(ブログ)のタイトルは検索エンジン対策(SEO)で、重要な要素の1つなのです。


なぜなら検索結果への影響度が大きく、そして検索エンジンの結果に一番大きく表示されるのが、ショップ(ブログ)のタイトルだからです。




上図は、ヤフーで「もしもドロップシッピング」を検索した結果です。
一番上の薄い青のエリアはPPC広告で、その下の 1. となっている部分より下が検索結果になります。


検索結果の下線付き太文字でリンクされているのが、ブログやホームページのタイトルになるのです。


このようにショップ(ブログ)のタイトルは、検索結果に表示されるわけですから、十分検討する必要があるのですね。


では、ブログのタイトルに検索エンジンで検索される語句を含むように調整してみましょう。
このとき検索される語句は3つ以上の複合キーワードを選ぶことがポイント。


3つ未満の複合キーワードで検索エンジンの上位を狙うことは難しくなっているからです。


因みに複合キーワードとは、ヤフーやグーグルなどの検索エンジンで1人の人が同時に入力するキーワードのこと。
たとえば、


ダイエット+体験記
ダイエット+サプリメント+通販
ダイエット+運動+方法


などのように、複数のキーワードが含まれれば、それだけ入力した人の求めるものが明確になるのです。


ただし、あまりにもマイナーなキーワードでは、そもそも検索されませんから月間検索数で2000~5000程度のキーワードを探したいものです。


これくらいの検索ボリュームのキーワードは、初心者でも比較的上位を狙いやすいでしょう。


月間検索数はフェレットというサイトで調べることができますよ。
無料のユーザー登録をすると月間検索数を見ることができます。


>> フェレット


キーワードが決まったら、ショップのタイトルをショップのコンセプト+ショップ名で構成してみましょう。


たとえば、


「安心をお届け ~ダイエット サプリメントの通販ショップ~ ○○屋」


まずは、こんな感じですね。
さらに検索エンジンを意識した配列にします。


検索エンジンでは、早く出てきた文字をより重要視します。
タイトルならば、左側にある文字を重要と認識するわけです。


つまり、この場合、「安心をお届け」を重要視してしまいます。
これでは、狙ったキーワードで上位表示されにくくなりますから、順番を変えてみましょう。


「ダイエット サプリメントの通販ショップ ~安心をお届けする○○屋」


こんな感じです。
とても自然でありながら、検索エンジン対策もバッチリです^ ^


このときショップ名からコンセプトが想像できない場合、タイトルから外してしまっても良いでしょう。
その代わり、ショップのトップバナーなどにさり気なく入れてあげれば良いです。


差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事