解説なぜ、ドロップシッピングと呼ばれるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
和田です。

ここでは、基礎的なお話をしますね。

「ドロップシッピングとは?」

ドロップ(Drop)とは、"落とす"というイメージの意味があります。
シッピング(Shipping)とは、配送のこと。もともとは船積みから来た言葉ですね。


これを合わせて出来た言葉がドロップシッピングで、"直送"という意味があります。
どこから直送されるかというと、メーカーや卸から発送してもらうことなんです。


通常のお店は商品を仕入れて、販売するわけです。
仕入れも、販売、通信販売なら発送もする必要があります。


しかし、ドロップシッピングを利用すると商品を仕入れるためのお金も掛けずに
商品を販売して、商品をメーカーや卸から発送してもらえるんです。


 ※ 契約する卸、ドロップシッピング サービス プロバイダによっては、保証金を先に
入金する必要があります。これから始めるなら、お金の掛からないところが良いでしょう。


ですから、あなたは集客と販売に注力できます。
とっても便利でリスクが少ないビジネスとして、アメリカでは大ブレイクしたそうです。


日本はこれからですから、今から始めれば上位を狙うことも可能でしょう。


それから、ドロップシッピングの契約先には2つタイプがあります。
1つは卸と直接契約するタイプです。


この場合、より安価に商品を卸せるでしょうが商品数を増やす場合、
別の卸と契約する必要があります。


商品数を増やすには結構手間ですね。
今、日本で少しずつ浸透しているドロップシッピングは、卸との仲介を
しているサービス プロバイダ タイプですね。


これをドロップシッピング サービス プロバイダといい、DSP と略したり
します。


我々は、DSP と契約するだけで非常に多くの商品を扱えるようになり
ます。


ですから、今から始めるにはこちらの DSP タイプが良いでしょうね。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事


トラックバック(1)