解説ドロップシッピングとアフィリエイトの違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
和田です。


今回はドロップシッピングとアフィリエイトの違いについてご紹介しますね。


さて、ドロップシッピングを始める方の多くは、アフィリエイトについても知っているのではないでしょうか?


でも、ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんので、念のため簡単にアフィリエイトについて紹介しますね。


アフィリエイトとは紹介ビジネスのことです。
たとえばテーブルを紹介して、そのテーブルが売れれば紹介料がもらえる。
こんなビジネスです。


アフィリエイトは数年前から人気があり、テレビや雑誌で紹介されているので認知度も上がってきました。それでも知らない人は、まだまだ多いですけどね。


はい。
では本題のアフィリエイトとドロップシッピングの違いですが、どちらも商品を販売するという意味では似ています。


しかし、販売プロセスに若干の違いがあります。
それは、アフィリエイター(アフィリエイトをする人)という仲介者が間に入っていることです。


図にするとこんな感じです。


商品 --> アフィリエイターが紹介 -->お店が販売


では、ドロップシッピングだとどうなるかというと


商品 -->ドロップシッパーが販売
※ ドロップシッパーとは、ドロップシッピングを利用して販売する人のこと


プロセスが簡略化されるわけです。
つまり、マージンを取りやすいのです。


一般的な物販アフィリエイトの紹介料は1%~10%程度でしょう。
しかし、ドロップシッピングでは 10% ~ 40%程度は取れます。


中には80%、90%という商品もありますが、そもそも定価があってないような商品なので、ここでは抜きにしますね。


ドロップシッピングは、アフィリエイトに比べると利益率が断然高いことが分かります。
アフィリエイトがお小遣い稼ぎてきなイメージがあるのも、この利益率の低さから来ているのではないでしょうか?


アフィリエイトでも利益率が高い商品はあります。実際、それらの商品を法人がビジネスとしてアフィリエイトしているケースもたくさんあります。


しかし、法人が占拠している分野に個人が挑戦することは非常に難しく、結局のところ個人は利益の低い商品を扱わざるを得ないのが現状です。


現在法人化されているアフィリエイト会社は、もともと個人が行っていたケースが多いようです。
アフィリエイトの導入期に始めた先行者が、おいしい市場を確保して大きくなっていったのでしょう。


しかしドロップシッピングなら、個人でも十分ビジネスとしてやっている利益が取れるということです。
今が最大のチャンスでしょう。


始めるなら今しかないかもしれませんよ。
このチャンスを手にした人たちの中から、アフィリエイト導入期にときのように法人化する人も出ることでしょうね。


このチャンスを、あなたは手に出来ますか?


では、ここでちょっと、まとめると


ドロップシッピングのメリット
・利益率が高い


アフィリエイトのメリット
・販売力はいらない(販売力のあるショップと提携すれば良い)


こんな感じです。
ですから、あなたの今の力に合わせて使い分ければ良いと思いますよ。


とはいっても利益率は魅力的ですよね。
誰でも初めは下手ですが、慣れてくるものです。
最初からドロップシッピングにチャレンジするのもありですよね。


そうそう。
もう1つ忘れてはならない決定的な違いがありました。

それは・・・

ドロップシッピングは販売価格を決められるということです。

つまり利益は自分で決められるのです。
ここが最大のポイントでもあります。


利益幅を高く設定すれば、それだけ広告費に費やせますから結構早い段階から稼ぐことも可能なんですね。

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑