解説最初に覚えて欲しい販売の公式

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドロップシッピングの販売の公式とは?ドロップシッピングには、大きく分けると3つのステップがあります。

販売する商品を選ぶというステップ
商品を販売するページ作りというステップ
そして、お客様を集める集客というステップです。

この3つ上手に運用することで売上を上げていくのです。

さて、この3つ。

実は私が所属するもしも大学では公式として採用されています。

商品選び × ページ作り × 集客

それぞれが掛け算の関係にあり、商品選びが良くても集客できなければ売上が立たないということを端的に表しています。

平たく言えば、この3つのスキルが伸びてくれば売上も順調に伸びるというお話です。

それぞれのスキルの詳細は別途、記事に書きますのでお楽しみに!

ちなみに、上の公式をアレンジした和田式の公式があります。(笑)

それがこれです。↓↓

商品選び × ページ作り × 集客 × ターゲットの一貫性

もしも大学で教えている公式に、ターゲットの一貫性を加えて形になっています。

なぜターゲットを1つの要素としたのかと言うと、商品選びにせよ、集客にせよ、販売ページ作りにせよ、ターゲットを絞り込むことが重要になるからです。

実際、もしも大学の公式をお伝えしても、上手くいかない方が出てきてしまうのです。

その方の集客方法や売り方を拝見すると、ターゲットを考えていないことが多い。

誰が欲しい商品か?
誰を集客するのか?
誰に売るのか?

ということを考えなくては、最初の公式も上手くいかないのです。

それぞれの要素がターゲットにズレがある状態で、いくらアクセスを流しても成果は出せません。

別にもしも大学の公式が悪いと言っているのではありませんよ。

本来、ターゲットを絞り込むというのは、それぞれの要素の中に含まれる考え方なので明示化されていないのです。

実際、説明の中ではターゲットという考え方は出てきますから。

ただターゲットの"一貫性"という考え方ができない方が多い。

だから公式だけでは伝わらないのであえて明示化したものが和田式の公式なのです。

次回は、それぞれの考え方をご紹介しますね。

では、また!

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑