解説ドロップシッピングとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドロップシッピングとは、商品を直接仕入れることなく

商品を販売することができるビジネスです。


と言っても分かりにくいですよね。(笑)


もう少し詳しく説明してみましょう。


通常、ネットショップを始めるには在庫を抱える必要があります。

しかしドロップシッピングでは、商品在庫を抱える必要がないのです。


在庫は、メーカーや問屋が抱えてくれるのです。


商品が売れたときに、メーカーや問屋に発注して、

そのままお客様に直送してもらうのが

ドロップシッピングの基本となる仕組みです。


この仕組みは古くからあるものですが、

問屋やメーカーごとに交渉と契約を結ぶ必要があり、

簡単には実現できませんでした。


しかしこの数年で、問屋やメーカーとの仲介をして、

取りまとめてくれる会社が出て来たのです。


この会社をドロップシッピング サービス プロバイダ、

略して DSP と言います。


あなたは、このDSPと契約するだけで、

多くの問屋、メーカーが持つ商品を

購入することなく販売することができるのです。


これが今、巷を騒がしているドロップシッピングの基本的な仕組みです。


この仕組みを基盤に、会社ごとにさまざまな形態でサービスを提供しています。


例えば、DSPと契約するときに契約金が必要であったり、

販売責任はこちらが追わなければならなかったりと、いろんな違いがあります。


契約金が必要ということは、それだけ販売者が制限されているということで

メリットにもなりますが、商売をしたことがない人は、避けた方が良いでしょう。


DSPを選ぶときは、そのサービス内容は十分確認して契約を結ぶようにしましょう。

そう言われても、どこが良いのか分からない。

そんな方にオススメなのが、「もしもドロップシッピング」です。


もしもドロップシッピングは、完全無料で利用でき、

商品代金の決済や商品の発送、お客様からのお問い合わせの対応など、

そのほとんどをあなたに代わって行ってくれます。


だから、あなたがやるべきことは、商品を選び販売ページを作り、

そこへお客様を連れてきて売るだけ。


しかも「もしもドロップシッピング」では初心者でも手軽にお店が作れる

ツールも提供されており、初心者に優しいDSPなんですよ。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑