解説もしもの超できすぎくん(ショップできすぎくん)は、本当に使えるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事は旧ツールである超できすぎくんについて書いていますが、現行ツールのショップできすぎくんでも通用する内容です。


もしもドロップシッピングには、超できすぎくんという

ショップ作成ツールが用意されています。


この超できすぎくん(ショップできすぎくん)は、初心者がショップを作るために用意されたもの

であるため、カスタマイズすることがあまりできません。


私の場合、HTMLも分かりますし、超できすぎくんの制約の中で

ショップを運営することにストレスを感じていたのです。


また売れる「できすぎくん」に比べても、超できすぎくんは

売れ行き面でも「できすぎくん」に劣っていたため、

みなさんにオススメしてきませんでした。


しかし!


ここ数ヶ月前くらいから、考えを改めるようなったのです。


というのも、超できすぎくんでも実績を叩き出す人が、

チラホラ出てきたからです。


私のようにHTMLが分かる人間は、超できすぎくんを使い込む

ことがなかったわけですが、HTMLが分からない人からすれば

超できすぎくんに頼るのが近道です。


制約の中、できる範囲のことに集中し、結果を叩き出しているのでしょう。


ちなみにHTMLが分かる方は、超できすぎくんではなく、

こちらのようなサイト構築用のテンプレートを使うことを

オススメします。


  http://www.dsx101.com/list/coolweb.html


稼いでいる人はほぼ例外なくテンプレートを利用して、

効率化しています。


自分でテンプレートを作れる人は、自分で作っていますし、

そうでない人はテンプレートを買ったり、作成を依頼しています。


時間が余っているなら、地道に作成しても良いでしょうけど、

働きながらドロップシッピングを楽しむならテンプレートは必須

アイテムですね。


そしてHTMLが分からない人は、超できすぎくんが必須アイテム

と言って良いでしょう。


もし、あなたがHTMLに不安があるなら、超できすぎくんを

使い込んでください。


1商品、1商品。あなたの言葉で商品のウリや使い方の提案を

行ってみてください。


HTMLが分からないということは画像の編集も難しいでしょうから、

まずは文章で見せるということを練習して行く必要があります。


今日は、その辺の話はしませんが、超できすぎくんで儲けるため

の優先順位を上げておきます。


1.売れる商品を扱う。
2.誰に売るのか?を考える。(ターゲット設定)
3.ターゲットの心に突き刺さるヘッドコピー(キャッチ)を作る
4.小見出し、クロージングキャッチ、本文中の強調で惹く。
5.本文では相手の疑問を解消する。買う理由を教え買わない理由を
潰す。何かを主張したら理由を述べる(証拠の提示)
6.始めは小額で良いのでPPCで集客する。


こんなところでしょうか。


ここで改めて見直すと、超できすぎくんに限った項目は1つも

なかったですね。(笑)


ただ、HTMLが分からない人は、フォントを大きくしたり、

色を変えたりすることもできないかもしれません。


しかし、ヘッドコピー、小見出し、クロージングキャッチを

強調するには、文字の大きさ、色を変えることは不可欠です。


最低限のHTMLは学習するようにしてくださいね。


HTMLを学習するためにも、図解本を1つ購入しておくことを

オススメします。


あなたが分かる本を選べば良いのですが、お金を掛けたくないという人は

こちらのサイトを参考になさって下さい。

http://www.kanzaki.com/docs/htminfo.html

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑