解説ショップを作るとき、なぜジャンルを絞ることが有効なのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回お届けした「ドロップシッピングを利用して効率的にショップを作る方法」にて

ご紹介した5つの流れ。


↓↓5つの流れとは、コレのことね。↓↓

1.あなたがこれから取り扱うジャンルを決める。
2.専門店やコンセプトショップを考える。
3.ショップを作る。
4.初期のSEOを施す。
5.次のショップを作る。


このフローでは、ジャンルを絞りなさいと言っているわけですが、

「さまざまなジャンルを扱ったほうが良いのでは?」

というご質問を頂戴しました。


ですから今回は、

この疑問にお答えしようと思います。


このような疑問を持たれた方々は

普段からとても良く勉強されているのでしょうね。


さてさて。

大抵の商売では在庫を持つ必要がありますよね。


ですから商品の売れ残りはロスとなるので、

売れるか分からないような商品を闇雲に扱うことはできません。


しかしドロップシッピングでは在庫を持つ必要がありません。


この強みを活かし、さまざまなジャンルの商品を取り扱い

売れなければ止めるという戦術を取ることができるんですね。


仮に売れなくても損は、あなたの労働と少しばかりの

広告費くらいです。

多量の在庫を抱えてしまうより、遥かに小さな損で済みます。


これは在庫がないからこそ、できる戦術なんですよ。


でもですね。

残念ながら弊害もあるんです。


主な弊害としては

・何を扱ってよいのか分からない。目移りする。
・時間が限られておりSEO対策に割ける時間が少ない。
・さまざまな商品を扱うことで総合ショップ化してしまう。
・ジャンルの商品知識がつきにくい。

などが挙げられます。


何より今回ご紹介しているショップ作りでは、

検索エンジンからの無料の集客を目指しているので、

SEO対策に重点を置いているんですね。

※SEO対策とは、検索エンジンから無料で集客するために

施す対策のことです。


だからジャンルを絞りなさいと言っているんです。
(ジャンルを絞るとSEOが楽になる。)


もしリスティング広告をメインにするなら、ジャンルを絞らず

売れ筋をジャンジャン扱えば良いのです。


サラリーマンで、ある程度のお金を投資できるなら

リスティング広告をメインにされると良いでしょうし、

主婦で投資できるお金が限られているなら、

SEOをメインにされると良いと思うんです。


この辺、あなたに合った方法を選択すれば良いのです。


では、次回はジャンルを絞るときに、忘れてはならない

ポイントをご紹介しますね。


では、また次回!

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑