解説商品の圧倒的なウリを見つける方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回はお客様の心を理解するために、

あなた自身がネットで商品を買うことをお勧めしました。


あなたは、実際に何か買ってみましたか?

または、買わないまでも欲しい物を買うつもりで調べてみましたか?


実際に購入する流れの中で感じる、自分の疑問、不安は

お客様も感じている疑問や不安なのです。


この訓練は非常に役立つものですから、何か買うときには

意識するようにしてみましょうね。


ただ、この話、一部の方には不人気だったようです。


個人的には非常に重視していて、ほかのスキルやテクニックを

活用するための土台になるものだと思っています。


土台がなければ、どんなノウハウも活用できないんだけどなぁと

ちょっぴり残念な気持ちになりました。

そういう人は、やはり小手先のテクニックが知りたいんでしょうね。

さて、気を取り直しまして、前回お勧めしたトレーニングを

愚直に実行したならお客様の気持ちを知る機会があったはずです。


あとは継続してトレーニングを積んでもらえば、相当この部分は

強化できるはずですよ。


で、次に押さえるべきはあなたが販売する商品についてです。

ドロップシッピングも歴とした商売です。


商品知識なくして、お客様に商品を販売することは失礼だとは

思いませんか?


ですから、まずは販売する商品について、学ぶことから始めます。


卸から提供される情報はもちろんのこと、メーカーのページや

楽天などでその商品についてしっかり勉強しましょう。

多少売れるシッパーはここまでやっているものです。


で、もっと売りたいなら、類似商品についてもリサーチすることです。

類似商品を知ることで、あなたが販売する商品との違い。


つまりウリが見えてくるんですよ。


販売する商品だけ見ていては、見えてこないウリ。

これが類似商品を見ることで分かってくるんです。


ま、騙されたと思って、今すぐあなたが販売している商品の

類似商品を3から5つほどピックアップして調査してください。

共通する機能、デザイン、仕様はウリになりません。


決定的に違うポイントがあれば、それがウリになる可能性が

あるのです。


で、さらに類似商品も卸せるなら、別のページを作って

売ってしまえば、一石二鳥ですよね?(笑)

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事