解説商品選びで忘れないで欲しいたった1つの指針

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のドロップシッピングで扱える商品は、

本当に多岐にわたりますよね。


あまりに多くの商品があるので、

どの商品を扱ってよいのか迷っている人も多いと思います。


ダイエット商品が売れそうだと思い扱ってみたり、

お取り寄せ商品が売れそうだと思って扱ってみたり

いろいろ試行錯誤されていることと思います。


私としては、はじめはそれで良いと思うんですよ。


やり方に正解なんてありません。


いろんな方法、やり方が世の中にはあるものですからね。


ゴールは似ていても、その過程が全く違うのが

普通なんですよ。


例えば同じような健康商品を売っている会社があっても、

その商品の製造工程や販売方法が違うのが普通じゃないですか?


全く同じということは、まずあり得ません。


同じようなゴールに向かっていても方法はいくらでも

あるというわけですよ。


そしてそれはドロップシッピングでも同じことが言えます。


どの商品を扱うのか?
だれに売るのか?
どのように売るのか?


人それぞれ違って良いのです。

好きにやれば良い。


最初は上手くいかないかもしれないけど、

試行錯誤するうちにやり方の土台が固まってきて

上手くいくようになりますからね。


とは言え、始めは何をやって良いのか分からないでしょうから

1つ指針をご紹介しますね。


その指針とは、

『売れる物を売る』

という大原則です。


この原則を意識していれば大はずれを引くことが

少なくなります。


我々のように資本力のないものが商品を売るには

他社の力を上手く利用するのが早いんですよ。


商品を販売するためには、

その商品を知ってもらう必要があります。


いわゆるマーケティングになるのですが、

商品を世の中に知らしめるには、莫大な広告費がかかります。


個人のシッパーではどうにもならないレベルです。


だからこそ、他社がマーケティングに力を入れている

商品に乗っかるのが早いわけです。


この方法を私は『コバンザメ戦法』と呼んでいます。(笑)


すでにその商品を知っている人、中でも

その商品を欲しがっている人に売るのが一番楽なんです。


だってそうじゃないですか?


買うつもりでいる人に、あなたが探している商品は

これですよね?


と言うだけで売れると思いませんか?


ま、そういうことです。


販売力が付くまでは、

まずはコバンザメ戦法で売っていくことをオススメしますよ。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事