解説文章を書く、ちょっとしたコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、思うのですが文章が書けない方がチラホラと

いらっしゃるようです。


1年、2年前にドロップシッピングを始めた人は、

そもそもネットを使いこなしている人が多かったのです。


ですからPCスキルも文章を書くスキルも問題ありませんでした。


しかし、ここ半年ほどでしょうか。


PCの操作で苦労される方と文章が書けないで苦労される方が

目立ってきました。


なので今日は文章を書くということをテーマにお話してゆきます。

かくいう私も実は文章が全く書けない人でした。

いえ、感想文が書けない人と言った方が良いかもしれません。

学校で書く文章と言えば、感想文くらいでしたから。


小学生、中学生の頃の私は、感想文が大の苦手で400文字の

原稿一枚ですら書くこともできないような子供でした。

何を書いて良いのか分からないのです。


だからいつも未提出でした。

出来の悪い子だったわけです。


しかし今はメールマガジンや販売ページの文章くらいなら

書けるようになっています。

そのキッカケになったのが、「話し言葉」で書くということでした。


生まれて此の方、話したことがないという人はいないでしょう。

また文章を書くよりも、会話をしてきた時間のほうが

圧倒的に長いはずです。


だから文語はダメでも、口語なら楽に書けるという人は多いのです。

文章が苦手な人は是非お試し下さいね。

また文章を書くトレーニングとしてブログを書くことをオススメします。

日記ブログで良いので、文章を書くことに慣れてください。


文章は慣れですからブログを書くというのは、とても良い訓練になります。

ネットで商売をする以上、文章で伝える必要があるわけですからね。


そして書くことに慣れたら、

次は文章について少し勉強すると良いです。


ここでは、ちょっとしたテクニックをご紹介しておきます。


分かりやすい表現にするためには、

できるだけ文は短文であることが望ましいのです。

なぜなら短文は、意味が把握しやすいからです。


例えば

「ネットで商売をする以上は、お客様に分かりやすく商品の特徴や

買う理由、その商品で得られる便益などを文章で伝える必要があり、

文章が書けなければネットで商売することはできません」

という文があったとします。


ま、分からなくもないですが、少し文が長く息苦しい感じがします。


これを短文にすると

「ネットで商売をする以上は、文章でお客様に分かりやすく商品の特徴を

伝える必要があります。また買う理由やその商品で得られる便益など

も伝える必要があるでしょう。

つまり文章が書けなければネットで商売することができないのです。」

という文章にできます。


要点は主語と述語は1対にするということです。

1対にすることで、1文が短くなり理解度が上がります。


とまぁ、少々難しそうな話になりますが、もっと簡単に言ってしまうと

句点(。)が打てるところは打て!ということです。


文を短く区切ると分かりやすくなるということが言いたいのです。

書くことが苦手な人は、まずは日記ブログを書き始めてください。


そして慣れてきたら一文を短くすることを心がけてみてくださいね。

分かりやすさは、【伝える力】になりますから!

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事