解説お客様の気持ちを理解する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなりですが質問です。

販売ページであなたが意識すべきこととは?


ちょっと考えてみて下さいね。


・・・


どうでしょうか?

何か思いつきましたか?


例えば、こんな答えがあるかもしれませんね。

・キャッチコピー
・販売ページのデザインやレイアウト
・ターゲット像
・文章の書き方

もっと他にも思いついたかもしれませんね。


でもです。

私が今日お伝えしたいことは、別のことです。


答えを言ってしまうと、それは


お客様との『対話』です。


対面でのセールスと違い、インターネット上でのセールスは

一方通行になりがちです。


しかし!!


インターネット上でのセールスも実はお客様との対話が

必要なのです。


「でも、どうやって対話するの?」


そんな質問が聞こえてきそうですね。


それはですね。

実は、そのテクニックを今しがた使いましたよ。


・・・


分かりましたか?


答えは、読み手の疑問、

考えに先回りして回答するという方法です。


対面と違いリアルタイムにお客様の声を聞くわけには行きません。

しかしお客様の疑問、質問に先回りすることはできるのです。


お客様の疑問、質問に先回りすることでスムーズに対話を

進めることができるんですね。


これ、とても重要なテクニックですから必ず意識してくださいね。


「でも、どうやって疑問や質問に先回りするの?」

という質問も飛び出してきそうですね。(笑)


まぁ、確かにそうかもしれません。


私が一番おすすめする方法は、


『あなた自身がお客様になる』


ことです。


ただお客様の立場になって考えろと言っているわけではありません。

あなた自身が実際にネットで商品を購入するという意味です。

このとき、あなたが感じた疑問、質問、感情。


これが答えなんです。

同じ疑問をお客様も感じているはずなんです。

あなた自身、実際にお客様になって初めて気づくことが

多いことに驚くはずですよ。


だから何かネットで商品を買うときは、

注意深く自分の心を観察してくださいね。

かなり良い経験ができるはずです。


しかもです。

多くの販売ページには、購買の意思決定をするために

必要な情報が欠落していることに気づくはずです。


あなただって少しでも疑問や不安があれば、絶対に買いませんよね?

だから2つも3つもサイトを検索して情報収集する必要がある。


かゆいところに手が届いていない販売ページが本当に多いです。


このような経験をしていない、意識していない人が作る販売ページは

独りよがりで何も伝わってこないページになるんですよ。


例えば、

サイズが合うか?
大きさは?
重さは?
ズレないか?
無くさないか?
すぐに壊れないか?
本当に痩せるのか?(薬事が面倒。。。)
保証期間は?
エコポイントの点数は?
○○に使えるか?
騒音は?
どれくらいもつの?
それ、どういう意味?
どれくらいの精度?
実際の映像を見たい。
使い方は?
どのくらいで届くの?
送料は?手数料は?


まぁ、挙げればキリがないくらい、様々な疑問が沸いてくるんですね。

これに1つ1つ答えてあげる必要があるんですよ。

つまり、ちょろっと書いただけのページでザクザク売れるわけないんです。

いえ、もう買うつもりの人なら買いますけど。。。


多くの人は、まだ購買の意思決定をしていないので、

そんな怠慢では商売できませんて。


だから、もっと売れるページを作りたかったら、

『あなた自身、いろんなものをネットで買いなさい』ってことですよ。


そのときただ買うのではなく、『あなたの心の動きに注意しながら』

というのがポイントですよ!


私なんか、毎月結構な数の商品をネットで買っていますから。

まぁ、出不精という理由もあるんですが・・・(笑)


ちなみに以前はお客様の疑問に答えるため、

ヤフー知恵袋などを参照しましょうっと言っていました。


でもですね。

お客様の心を理解できない人がヤフー知恵袋を見てもチンプンカンプン

なんだと気づきました。(笑)

だから、まずはお客様の心を理解する経験を積んでくださいね。


と、いうことで今回はここまで。

また次回お会いしましょう!

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事