解説あなたが知らない商売人の心得

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは何でドロップシッピングに興味を持ち

商売を始めたのでしょうか?


ネットショップのオーナーに憧れたからですか?

手軽に始められるからでしょうか?

それとも家計の足しにしたかったからでしょうか?


いろんな思いや考えがあると思います。

それぞれ良い悪いはありません。

あくまでそれはキッカケですから。


でも、本気でドロップシッピングをするなら、

今日これからお話しすることは肝に銘じて欲しいんです。


まあ、この手の話に興味はなく

小手先のテクニックや売れる商品の情報にばかり興味が

あることは知っています。


でもですね。


小手先のテクニックや売れる商品の情報って、

確かに一時は儲かるかもしれません。


でも息が短いんですよ。


これって魚の釣り方を学ぼうとせず、魚そのものをクレクレと

言っているようなもんです。


こんなマインドじゃ、これからの時代生き残れませんって。


だからこれから、ご紹介する

すご~く大切な『儲けるため』の考え方。

是非、肝に銘じてください。


良いですか?

心して読んで下さいよ!!

儲けるための考え方、

それは

『世の中に価値を提供する』という考え方、

視点を持つということです。


我々商売人は、世の中に価値を提供して、

その対価としてお金を得ているのです。


だから儲けたければ、『価値』を生み出し提供することを

考えることです。


お客様は商品が欲しいんじゃないんですよ。

その商品で得られる結果、感情の変化が欲しいんです。


例えば金庫。


お客様は金庫がそのものが欲しいんじゃないんですよ。

この金庫、指紋認証だからセキュリティはバッチリ。

もちろん耐火金庫だから、もしもの火災のときも金庫の

中味だけは助かる。


いや~、なんて素晴らしい金庫なんだろう。(すりすり)

なんて気持ち悪い人はいないわけです。(たぶんね)


お客様が本当に欲しいのは

『安心や安全』という感情なんですね。


安心が得られるなら機能なんてどうでも良いし、

それこそ他の商品だって良いんです。

もしかしたら金庫じゃなく保険のほうが良いかもしれません。


この考え方を持つとお届け出来る商品に

すごい幅があることに気付くと思います。


覚えて欲しいのは、

『お客様は、感情を得るためにお金を支払うということ。』


つまり我々がするのは、お客様に安心・安全という価値を

お届けすることなんです。(金庫の場合ね)

価値を理解し、誰に価値を与えることが出来るのか?


これについて考え始めると商売も面白いことになりますよ。


商品名ばかり集客していては生き残れません。
(手軽なので手始めとしては良いんですよ)


もしチャレの影響か、今はライバルが多すぎる。。。

あなたがそこで商売していなくても誰か他の人が、

その商品を売ってくれます。

つまり提供している価値が低いってこと。


だから薄利になるんです。

ライバルが多すぎて利益が出せない、商売はパイの奪い合いだって

思っているなら、その考えは危険ですよ。


困っている人を助けたいという気持ちで商売をし始めると

違った結果、アイデア、キーワードを見つけることが出来るんです。


幸か不幸か困っている人がいなくなることもありません。


そしてそんな困っている人たちが打ち込むお宝キーワードも

無数に存在します。


新たな考え、視点を身につけ次のステージに進みませんか?

まずはメールマガジンで学んでください。

無料メルマガはこちら

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事