解説人は高くても欲しければ買うんだよ

このエントリーをはてなブックマークに追加

商品は安くないと売れないと思っている人。

多いですね~


まあ、時代の雰囲気がそうしている部分もありますが、

実際には、安くなくても商品は売れるんですよ。

これ、本当に重要な考えです。

そもそもです。


人はですね。いつも言っていることですが感情で

物を買っているんですよ。

本当に欲しくて欲しくてたまらないものって、

どんなに高くても何とかして買いたいって思いませんか?


実際に買えるかどうかは言っていませんよ。

買えるかどうかは、先の話。

まずは買いたい、欲しいと思うからお店に行って商品を手に取るんですよ。

ネットなら検索して販売ページを見るということ。


そして買えるかどうかというは、頭で考えるもの。つまり理性です。

欲しいと思った後に財布の中身と相談して実際に買えるかどうかを考えるのです。

そこへ安い価格で提供すれば、まあ売れますわな。

欲しいと思っている人に安く売っているわけですから。


しかしこれでは本当に儲かりません。

ここで少し脱線して安売りの弊害について少し話しておきます。


例えば、販売額が9000円で利益が500円しかないとしましょう。


これをたった500円高く売ったとしたら?

販売額は9500円。しかり利益は倍の1000円ですよ。


別に2000円も3000円も高く売ろうなんて言っていません。

ほんのちょっぴり高くするだけで利益はグンと伸びるものなのですよ。

そして安売りはこの真逆の結果を生み出すんです。

販売額が9000円で、利益が500円。先ほどと同じです。


これを8600円で売ったとしましょう。

当然、利益はたったの100円です。

ここで注目して欲しいのが実際の販売価格です。

8600円。9000円。9500円。


対して利益は100円、500円、1000円です。

販売額の差は倍どころか、たったの900円であるのに、

利益の上下の差は、なんと10倍もあるんですよ。


この大きさの差を感じてくださいね。


高くして売る場合、1000円の利益を上げようと思うなら

1つ売ればクリアできます。


しかし安売りしたとき、1000円の利益を出そうとしたら?

86,000円も売り上げないといけない。。。


400円安く売るときと、500円高く売るときの差が

どれだけ大きいか分かりましたか?


さて、話を戻しましょう。

感情と理性の話でしたね。


買いたい、欲しいと思うのが感情で、

買えるかどうかを考えるのが理性だと言いました。

そしてここが重要なのですが人は感情の生き物ゆえ、

 感情が十分高まれば、理性を超えてしまうということなんですよ。

安くなくちゃ買ってもらえないのは、感情を十分高めることができていないから

であり、感情を高めるためには販売力が必要ということなんです。


安売りは楽ですからね。

それで儲かるならいいのですが、そうはいかない。

だから、

  いつも「販売力」を高めましょうと言っているのですよ。


感情をしっかり高めて動機づけする。これですよ。

そして理性への対抗。理性は理屈が大好き。

だから買わない理由(理屈)をつぶして、

買う理由(理屈)を教えてあげるんですよ。

かなりサラリと書いてしまいましたが、これができるようになると

販売ページのデキも見違えるようになります。いや、本当に。


ドロップシッピング動画塾でも、

日々生徒さんにいろんなトレーニングに取り組んでもらっています。


最初はそれこそ何を書いているのかさっぱりという人でも

一歩一歩階段を上ってきてくれるので、成果を感じたときは本当にうれしいものです。


あなたもまずはたった100円で良いです。

高く売るということを考えてみて下さいね。


まあ、当然ですが高く売るには、しっかりした販売ページを作ることが前提です。

つまり高く売ろうとしていれば、おのずと販売力がつくのに対して

安く売っていると販売力はつくどころか衰えるのみ。


そういう理屈です。(笑)

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事