解説文章を書くことが苦手な人が、それを克服するための2つのコツとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「私、文章を書くのが苦手です。」

たまにこのようなことを仰る方がいらっしゃいます。


私の教えている方法、つまり商品説明は自分で書くという

方法を取る場合、文章を書くことが苦手では困ります。


では、どうすれば良いのでしょうか?


はい。

ちゃんと克服方法がありますのでご安心を。(笑)


あ、ちなみにですね。


私も昔は文章を書くのが、とっても苦手でした。


中でも夏休みの宿題として出される『読書感想文』を書くのが

本当に嫌いで嫌いでしようがなかったのを思い出します。
(読書感想文、今聞いてもゾッとします。)


文章を書くのも苦手でしたし、

本を読むのだって、しんどかった。


まさに二重苦でした。(笑)


それが今では本が好きだし、文章だってこうやって書けるように

なりました。(上手い下手の話ではありませんので悪しからず)


まっ、本の話は置いておくとして、私が文章を書けるようになった

2つのコツをご紹介しますね。

まずはコツ1。

それは文章を書くという意識を捨て、相手に話しかけるように書くようにした。


「はぁ?」

ええ、ただ喋るように書くようにしただけです。


文章が書けなかったころは、文章を書くことに集中していた

ように思います。

それを相手に話しかけるようにしたら書けたというわけです。


考えてみて下さい。

普段、文章を書かないあなただって、人と話はしますよね?


人と会話をすることができないという人は少ないと思います。
(対人恐怖症などとは問題点が違います)


普段、誰かと会話をしているはずですから

普通のレベルで喋れるはずです。


なら、慣れている言葉、つまり口語で書けば良いんですよ。


ま、まずは騙されたと思ってブログで

日記でも書いてみて下さい。


かなり書きやすいはずです。


実際、日記レベルのブログなら口語で書かれているので

分かりにくいようなら、他のブログも参考にしてみて下さい。

続いてコツ2。

2つ目のコツはアウトプットの量を増やすことです。


ま、当たり前ですが何事も練習を積み重ねることが大切。

1回、2回でできるわけがない!

本当に当たり前のことなんですが、できる人は少ないですね。


こういう地味な基礎トレーニングって

みなさん、嫌うんですが、こういうことがちゃんとできるかどうかで

販売ページの質って違ってくるんですよ。


だから文章が書けないという苦手意識がある人は

今すぐブログを開設して毎日、文章を書いてみて下さい。


1,2ヶ月もすれば苦手意識も消えているはずですよ。


はじめは大変かもしれませんが

成功の第一歩だと思って継続してほしいですね。

最初の壁は3日目。

そう、三日坊主ですね。


私もそうですが、三日続けるのって結構大変です。


そこを踏ん張ってクリアできたら、

次は3週間続けることを目標にがんばって下さい。


そして3週間続けば習慣になり

ずっと楽に書けるようになります。


で3ヶ月続けることができれば、結果が出てきます。


これを3・3・3の法則と言うそうです。


三日坊主以外に石の上にも3年ということわざがありますが、

3という数字には、区切りという意味合いがあるようですね。


ちなみに3年もブログを更新し続けることができれば

ブログマスターになれることでしょう。(笑)


ま、今回の目的はそこではないので

まずは3ヶ月を目標にしましょう。


ちなみに私の場合、ブログもかなりの数を書きましたが

メルマガを発行したことが大きかったかな。


読者さんがいるので、止められないのと、

読まれていることが前提なので、真剣に書いているので(笑)


ある意味、強制力となって継続できました。


とは言え、メルマガ発行は敷居が高いでしょうから

まずはブログから始めてみましょうね。

話を戻しますが

販売ページも文語ではなく口語で書けば良いんです。


それこそ店員さんがお客様に話すように書く。


これだけでグンと文章が書きやすくなりますので

ぜひ、お試し下さいね。


実際、もしもの商品説明も口語で書かれているものも

数多くありますよ。


参考になるので探してみて下さいね。


これで文章が書くことが苦手という人が

少しでも減れば嬉しいです。


では、また次回!

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事