解説選ぶことが難しくなった時代を勝ち抜くためにできること

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、このブログでも書きましたがビデオカメラを買いました。


これからのネットは映像も使わないとな。


そんな思いから勉強がてら安くて使えそうな機種を探そうと

思ったんですね。


でもですね。


あまりに機種が多すぎて選べない。


一応金額的な線引きはあったんですが、

それでもどれを買えば良いのか分からないのです。


ビデオカメラと言っても、ピンキリで色形が違うのは当然として

大きさや機能、利用シーンやメーカーの知名度、信頼度が違うわけです。


最初のうちは楽しいのですが、

時間が経つにつれ、もう本当に選ぶのが億劫になりましたよ。


「誰か教えてくれ?」


何度、心の中でつぶやいたことか。(笑)


で。

何が言いたいのかというと

これが今の状況だと思うわけです。


選択肢が増えすぎてお客様は、選べなくなったと。


あと機能面も高度になりすぎて、それを評価することも

ままならないのです。


例えば内蔵メモリーが16GB、32GB、64GB搭載。


そりゃ?、多いに越したことはないだろうけど

どれくらいあれば良いのか分からない。


また撮影するシーンに合わせて最適な設定を

自動で行ってくれる機能とかもあるのです。


そりゃ?、そんな機能があるに越したことはないんですが

価格だって高くなる。


さらにメーカーによっては強いシーン、弱いシーンもあったりと、

もうどれ選んで良いのか分かりませんて。

自分で評価するくらいなら人に聞いたほうが早い。


それが今の時代なのです。


だからランキングなんかが持てはやされるんですよ。

選べないから人気商品に流れる。


みんなが買っているものは良いものに違いないと思って

しまうんですね。


でも実際には違うことがあったりと。


どちらかと言うと売れている商品は、その商品の良さから

売れているのではなく、その商品を売るためのマーケティング

の良し悪しで決まっています。


もしくはお店側が売りたい商品を操作しているか・・・


ゆえに安易に人気ナンバー1商品を買うと

意外とニーズにマッチしていなかったりするのです。

さて、少々脱線してしまいましたが、

ここであなたのお店について考えてみましょう。


あなたのお店にも様々な商品が並んでいるはずですよね。


では、この並んでいる商品は誰が選ぶのでしょうか?


「え?お客様でしょ?」


ま、最終的にはそうなんですが、

お客様もどれを選んで良いのか困っているわけですよ。


それなのに、

「さぁ、この中から好きなものをお選び下さい」

的なスタンスで商売をしていて、果たして物は売れるのでしょうか?


前振りを書いたので、まさかここで「売れるんじゃ?」とか

言っている人はいないと思います。(笑)


選べない現代人に選んで下さいでは、売れないですよね。


いや、正確には売りにくいと言ったほうが良いかな。


いずれにせよ、賢いやり方ではないわけですよ。


じゃ、どうすれば良いのでしょうか?


それは、あなたがコンシェルジュとなって

お客様に合った商品を選定して上げれば良いんです。


これについては、

今までにも何度もお伝えしてきたことですね。


ただ対面販売と違って

実際にお客様の声を直接聞くことが出来ません。
(アンケートシステムを使えば出来ますが?)


ですからある程度、相手を想定していくつかのパターンを

用意してあげるのが良いのです。


例えば、夜景をキレイに撮りたいという人なら

この機種がおすすめという感じで1つ商品を選んであげるのです。


他にも決定的な瞬間も撮り逃さない早撮りカメラならコレ

とかも良いですね。


買い手もある程度、自分が使うシーンは頭にあるはずです。


それが小さなお子さんを撮影することなのか、

ペットを撮ることなのか、スポーツシーンを撮ることなのか、

入学式や結婚式など一生に一度しかないシーンを撮ることなのかは

分かりません。


だからピンポイントでそのシーンを撮るならこの商品が良いよって

教えられたらそれが下さいってなりません?


そう、それそれ、それが欲しかったんだってね。


別に難しいことじゃないですよね。


下手に売るより、遥かに楽に売れるようになります。


だからあなたも売ることを考えず、お客様のニーズに合った商品を

教えてあげることを考え始めると、また違った結果が出てくる

カモしれませんよ。


と言うことで今日はこの辺で。

ではでは、また次回お会いしましょう。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事