解説最初に覚えたい販売の公式

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドロップシッピングを活用して商売を始めるとき、ぜひ覚えておいてほしい公式があります。


その公式とは、こちら

商品 × 集客 × 販売


この公式は、もしも大学でお伝えしている販売の公式です。


ご覧のとおり、この公式には3つの項があり、それぞれが積で結ばれています。


この公式にある商品とは、売れる商品を扱うということであり、集客は言うまでもないですよね。

販売は、販売力のあるページという意味ですよ。


この3つの要素が掛け算になっているとおり、どれか1つが欠けても成約には繋がらないことを意味しています。


例えばですよ。売れない商品を扱ってしまった場合、どんなに集客をがんばっても魅力的なページを作っても売上は、なかなか伸びません。

0×2×1=0

というわけですね。


とても重要な考え方を表している公式なので、ぜひ覚えておいてほしいのです。

さて、この3つの要素はすべて必要であるわけですが、その中でももっとも重視して欲しいのが実は「商品」なのです。

というのもですね。買いたい人がいる商品を扱うことができれば、販売力はそこそこでも十分売れることができ、集客もお金で買うことができるからです。

また、もしもドロップシッピングでは販売ページのテンプレートとして、できすぎくんやショップできすぎくんというツールを提供しています。

このツールを使うことで、販売ページづくりのノウハウがなくても、そこそこのページが作れるのです。

このことから売れる商品を探すことが重要であることが分かってもらえるかと思います。

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事