解説その商品は誰のためになるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ商品が売れていない人は、

売れる商品を扱っていない場合がほとんどです。


売れない商品を売ることは、とてもとても難しいです。

想像してみてください。

スーパーでもドラッグストアでも何でも良いです。

様々な商品が陳列されていますが、

売れていない商品が多数あることは分かりますよね?


!?まさか、

すべての商品が売れているとは思っていないですよね?(笑)


スーパーですら、1個も売れない商品があるわけですよ。


ですから売れない商品に

どんなに時間をかけても無駄というものです。


勝負は商品選びで決まってしまっています。

そのことは十分理解しておいて下さいね!

さて、売れる商品を見つけることが出来たら、

次に考えて欲しいのが、

「その商品は誰のためになるのか?」

ということです。


意外にこれを考えていない方が多いですね。


まあ、売れる商品なら、

「誰のためになるのか?」は考えなくても正直売れます。


でも、「誰のためになるのか?」を考えると

もっと売れます!


ほんとうに勿体無いです。


「誰のためになるのか?」を考えることで

売りやすい見込み客を見極め、集客することができます。


さらに、伝わるヘッドコピーを書くことにも繋がります。


販売ページの文章もその方に向けた一貫性のある文章になり

欲しいという欲求を高めることができます。


「誰のためになるのか?」を考えてないから、

適当なキャッチコピーを書いたり、

ターゲットが定まっていないボヤッとした

キーワードで集客してしまう。


販売ページも主張していることに一貫性がないから、

お客様は逃げて行くのです。


こんなページに広告費なんか使っていたら

赤字になること間違いなしなわけです。


楽して儲けようなんて考えてちゃダメですよ。


しっかりと商品を見極め、

必要としている人に必要な商品を販売することを

常に意識してくださいね。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事