解説頭は使いすぎるな!自分ルールで効率アップ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、私が実践していて上手く行っているやり方を

1つご紹介します。


そのやり方とは、タイトルにあるとおり、

「自分なりのルールを持つ」

ということです。


仕事をしていれば、いろいろな結果や課題が出てきますよね。


そして、その結果(フィードバック)に対して、

イチイチ頭で考えていると仕事が捗らないのです。
(私の場合ですけどね(笑))


ま、たとえばですよ。

商品探し、できすぎくんのページ作成、PPC広告、

PPC広告のフィードバック(結果)と改善・停止などなど。


ドロップシッピングをする作業の流れの中で頭を使う場面は

いろいろとあるわけです。

ただ、その都度、頭を使って処理していては時間が

いくらあっても足りません。


そこで私は自分なりのルールを先に作ってしまって、

そのルールに基づき処理を行っています。


要は頭を使うタイミングをコントロールしているわけです。


商品探しのルールなら、たとえば

ジャンルを決めておく、とか、利益はいくら以上とか、

そういうことです。


このように一定の基準を設けることで、あっちへフラフラ

こっちへフラフラという無駄を省くことができますし、

利益額を決めてしまえば、探す商品の数も減りますから楽なのです。


PPC広告なら、単価を決めるルールを持つ、いくら以上は

手を出さない、予算を決めるなどです。

こうすることで、PPCもかなりの部分を事務的に処理できます。


またPPCを利用する上での課題の1つが感情のコントロールであり、

ルール作りは感情をコントロールする助けにもなります。


きっとあなたも経験したことがあるはずです。


ライバルが多い市場でPPCを利用していると、

どうしても単価が高騰しますし、結果、費用が嵩みます。


このとき感じるのが高額な広告費を支払うことへの不安なのです。


不安を感じると、どうしても行動が制限されてしまいますから、

このような状況にならないよう、自分が安心していられる

金額(単価と予算)を決め、それ以上は手を出さないという

ルールを作ってしまうのです。

このようにルールを作ることで、不安が減り判断する場面も

減るので作業効率がアップするんですね。


とくにルーチンワーク(繰り返しの仕事)には絶大の効果を

発揮しますよ。


お試しあれ!

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事