解説競合の強さを link: コマンドで調べる

このエントリーをはてなブックマークに追加

※ link: コマンドは、ヤフーでも利用できなくなりました。

今回は前回の続きで、

競合サイトの強さを調査する具体的な方法をご紹介します。


ある程度SEOについて知っているなら、

すでにご存知かもしれません。


その場合、復習だと思って聞いてみてください。


さてさて、では競合の調査方法ですが、

グーグルは情報を隠蔽しているので競合調査には向きません。

ですからヤフーを利用します。


その前に準備をしますので、ヤフーで何か検索してください。


そうすると検索結果が表示されるわけですが、

その画面の一番上に表示される [設定] をクリックしてください。


そして [Yahoo!カテゴリのアイコン、リンクを表示する]

のチェックボックスをオンにし、[設定を保存]をクリックします。


これで準備が出来ました。

では、競合の調査に入りましょう。


競合を調査するには link: コマンドを使います。


このコマンドを使うと、

対象のサイトやページにリンクしているページの一覧が表示されます。


では、実際に検索してみましょう。

ヤフーの検索窓に

link:URL(URLは競合のページ)と入力し検索してください。


たとえば

link:http://www.yahoo.co.jp

などと入力します。


この場合、ヤフーにリンクしているページの一覧が表示されます。


ここで注目すべきは、リンクしているページの強さです。


今のヤフーはトップページからのリンクを高く評価しています。
※これ超重要です!


ですからリンクの一覧をざっと見てみて、

独自ドメインのトップページからのリンクが多いかどうかを見ます。


逆に無料ブログからのリンクばかりなら弱いと判断できます。


さらに信頼されたサイトからのリンクも高く評価しているのですが、

先ほどの設定でヤフーカテゴリに登録されたサイトが

分かるようになっています。


ヤフーカテゴリに登録されたサイトは黄色いフォルダが

表示されるので一発で分かります。


ためしに先ほどの

link:http:www.yahoo.co.jp

で検索してみてください。


フォルダが表示されていますよね?

これがヤフーカテゴリに登録されたサイトです。


ちなみにヤフーカテゴリとは、

ヤフーが管理している優良サイトのリンク集です。


ですからサイトの評価もそこそこ強いので、

ヤフーカテゴリに登録されたサイトからリンクを貰っている場合、

そのサイトは競合として強いと判断できるのです。


ヤフーカテゴリサイトが1個くらいなら、

まだ大丈夫ですが3つも4つもあると結構厳しいです。


また表示された一覧に検索件数が表示されますが、

これは気にしないでください。


リンクは数より質が重要です。


仮に数千件のリンクがあっても自動リンク集ばかりなら、

敵ではありません。

また今のヤフーは質と同様にどのような時間の流れで

リンクが増えてきたのかも重要なのです。


残念ながら時間については調査が困難なので

質を調査してゆきます。


リンクの数の調査では検索結果に表示された

上位10件から多くても20件くらいを調査すれば十分です。

さらに競合が強いキーワードではリンク元のサイトも同様に調査を

行いますが、最初のうちはそこまで必要ないでしょう。


ポイントはリンク元の一覧に無料ブログや自動リンク集が上位20件

に多数入っているかどうかです。


もしほとんどが自動リンク集ならねらい目と判断できるわけです。


調査方法は以上です。

後は実際に数をこなして慣れてください。


link:コマンドがSEOではとても重要です。


このコマンドが使いこなせれば、今現在ヤフーが何を重視しているのか?

これが見えてきます。


結局、SEOはこのコマンドさえ使いこなせれば、

他の情報なんか必要ないです。


それくらい重要なコマンドですから、

しっかり使い方をマスターし利用してくださいね。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑