解説今限定!?ヤフーを攻略する2つ方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、ヤフーの順位がグングン上昇しています。


この半年ほどは、恐ろしくパフォーマンスの悪かった

ヤフーでの上位表示が、ここに来てやっと回復の兆しが

見えてきています。


正直、コロコロと変わるヤフー対策ばかりに気を取られていては

時間の浪費に繋がるので、初心者の方には、グーグル対策を

お勧めしています。


でもです。


やっぱり売上になりやすいのは、ヤフーからのアクセスなんですね。

本当に困ったものです。


正直、小手先のテクニックだけでは何ともならないヤフーですが、

ここ最近のアルゴリズムでは、とある対策を行うとグングン上がる

ことを確認しました。


なんていうかですね。

昔のヤフーにまたまた戻った感じなんですよ。


ヤフーのエンジンは、チューニングというより、

新しいものにごっそり乗せ代える感じなんです。


だから、コロコロ変わるし、対策も難しくなるんです。


対して、グーグルは細かいチューニングで対応してくるから、

順位が安定しやすいわけです。


さてさて。

で、今のヤフーを攻略する。


そう、あくまで今のという前提なんですが・・・

とある2つの方法で、順位が上がることを確認しました。


その方法を知りたいですか?(笑)

知りたいですよね。やっぱり・・・


では、2つある方法のうち、1つだけ今日はお伝えしますね。


残りのもう1つの方法は、私の塾生さんと、

今度のセミナーでだけ裏情報として伝えようと思います。


セミナーの募集ページはこちら↓↓
<セミナーは終了しました>

さてさて、前振りはこの辺にして、ヤフー対策の方法でしたね。

今効果のある方法の1つが

『バックリンクのアンカーテキストを上表示させたい

キーワードで出来るだけ揃える』

ことです。

ほえ?と思ったあなた。

SEOについて、もう少し勉強されたほうが良いですね。(笑)


でも大丈夫です。


今回は1つ1つ説明しますので。(笑)


まずバックリンクですが、

バックリンクとは、あなたのショップへと続く外部サイトからの

リンクのことです。


例えば、ライブドアブログの記事で、自分のショップを紹介して

リンクを設置した場合、このリンクがあなたのショップへの

バックリンクとなるのです。


分かりますか?

分からなかったら、もう一度ゆっくり読み直してくださいね。

次にアンカーテキストですが、これはリンク表示させる文字のこと。


例えば、良くあるのが「詳細はこちら」という文字リンクですが、

この「詳細はこちら」という部分をアンカーテキストと言います。


で、SEOでは、アンカーテキストにキーワードを含めることが

重要であると常々言われているわけですが、ことヤフーにおいては

あまり同じ文字でリンクをすると逆効果でした。


そう、アンカーテキストをバラすことがテクニックだったわけです。


が、ここに来て、ヤフーでもある程度アンカーテキストを揃えると

上位に上がることを確認したわけです。


じゃ、どのくらいバラして、どのくらい揃えるの?という疑問が

沸くわけですが・・・


ぶっちゃけ、そこまで分かりません。(笑)

ま、適度にバラし、適度に揃えるとしか言えません。


要は全体の割合が重要であり、数そのものではないのです。


10本しかバックリンクがない場合の9本と、

1000本のバックリンクがある場合の9本では、全く意味が違う

ということです。


全体の割合も意識しながら、上位表示させたいアンカーテキストを

忍ばせてみてください。


動きの早いバックリンクなら1週間もすると、

ムクムクっと上がりますんで。


で、もしアンカーテキストを揃えても上がらない場合、

もう1つの対策もしないとダメなんです。


もう1つの対策は、今はここではお話できません。


アンカーを揃えても上がらないショップを持っているあなたは

やっぱりグーグルで上位を狙ってください。


または、そもそも狙っているキーワードのライバルが強すぎる

ってこともありますね。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑