解説リンクだけじゃない。グーグルはココを見ている

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索エンジン対策でブログからリンクを送る

というのが常套手段でした。


このやり方は1年半前までなら有効な方法でしたが、

今はブログからリンクしただけでは狙ったキーワードで

上位を狙うことはできません。


ただ、

これには訳があります。

以前のグーグルはもらうリンク(被リンク)の数で

順位が決まっていたと言えるくらい被リンクが重要でした。


しかし今は被リンクだけでは上位に上げることは出来なくなったのです。

ある物が欠けていると、いくらリンクを送っても上がりません。


上がらないから、より一層リンクを送ってしまう。

そうするとどうなるか。


もう上げることはかなわないでしょうね。

リンクの数が足かせになって、浮き上がってこないのです。


今のグーグルはリンクの数は極力抑える必要があります。

できれば○○本までが良いです。


さらにリンクを付けるタイミングも超重要。


ザックリ言ってしまうと、

ゆっくりゆっくりリンクを追加しなさいということです。


焦らずゆっくり育てる感覚です。


下手に毎日作業できる人より、あまり作業ができない人のほうが

上がりやすい状況です。(笑)

さてさて。

少し戻りまして、先ほど書きました

 ある物が欠けていると、いくらリンクを送っても上がりません。

と「ある物」とは何か分かりますか?


リンク以外の要素と言えば?

思い浮かべるのはタイトルタグ、H1タグ、H2タグなどに

キーワードを入れて調整する内部対策を思い浮かべるかもしれませんね。


もちろん、内部対策は必要なことですが、

それ以上に求められていることがあるんですよ。


それは「良質なコンテンツ」です。

コンテンツというのは、文章や画像、映像と言ったウェブページの

中身そのもののことです。


この中身の充実度がないと上げることが難しいんですね。


逆を言えば、

中身さえ充実しているとリンクがなくても上がってしまいます。


それくらい今のグーグルはコンテンツを見ているんですね。


ただコンテンツだけでは、そのうち順位が落ちてくるので

リンクを足して下支えしてあげる必要があります。


今まではリンクを足して上げていましたが、

今はコンテンツで上げて、リンクを足して

下げないようにするイメージです。


となると、今度はどんなコンテンツが良質であるのかという

疑問が湧いてきませんか?


ええ。ここにも大切なポイントが2つあるんです。


今、オリジナリティと思ったあなた。

残念。違います。


オリジナリティだけでは、十分ではありません。

2つのことを含めることでオリジナリティが出てきます。

しかし、オリジナリティがあるからと言って、2つのことが

含まれるかと言えば、そうではないのです。


で、その大切な2つのポイント。

それは・・・また次回。

とまあ、まだまだネタがあります。

特に今はグーグルの動きに苦労している人が多いんじゃないかな?


動いたときは、みんな苦しいですからね。

でも、ここでいち早く回復できる人が美味しい思いをできるのも事実。


あなたもこの冬、検索エンジンを攻略してみませんか?


   詳しくはこちら
    ↓↓↓↓

http://basic.dsx101.com/juku/

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑