解説2つのポイントを抑えればコピーでも大丈夫

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、検索エンジンは良質なコンテンツを求めていて、

良いコンテンツがあると上位表示できるということをお伝えしました。


その中で良いコンテンツはオリジナルティを出すだけでは不十分で、

それ以外に抑えるべきポイントが2つあると言いました。


今回はこの2つのポイントについてご紹介しようと思っていますが、

と、その前にコンテンツのオリジナリティについて捕捉しておきます。


以前のわたしは自分の言葉で書くという意味で

オリジナルティを出しなさいということを言ってきました。


その当時、わたしが言ったオリジナルティとは

コピーした文章を使いまわすことへの警鐘という意味が強かったのです。


というのもグーグルの検索エンジンが今ほど賢くなかった時代。

文章をコピーして同じようなサイトを量産することで

検索ページを埋め尽くしたり、被リンク用のサイトを量産する方法として

コピーした文章が大量にインターネット上に出現したりしたのです。


さらに悪いことに人様のサイトをまるまるコピーして、

その人よりも上位に上げるという輩まで出てくる始末。


グーグルにしてみれば、同じ文章は1つだけあれば事足りるのです。

どうにかしてコピー文章を排除したい。

そう考えるのは当然であり、

結果、コピー文章への取り締まりが強化されるようになったのです。


ただし、ここで1つ問題がありました。

それはネットショップの商品記事はメーカーや卸から

提供されているものが使用されることが多いという事実。


ゆえにコピー文章を検索結果から完全に削除することはできなかったのでしょう。

ですから、もしもから提供された記事をそのまま使っても

検索エンジンからペナルティを受けたり削除されるようなことはありません。


ただし評価されることもありませんけどね。


評価されない、というかコンテンツの評価のしようがないわけで、

コンテンツ以外の評価で順位が決まってくると思った方がいいです。


一言で言えば、そのドメインの評価そのものです。

そしてそのドメインの評価は、検索エンジン対策に使える資産、

手持ちのドメインやサイトの数、そして資金など。

この辺の力で順位が決まってくるということです。


つまりオリジナリティを出さずに、提供された記事をそのまま使っているなら

初心者が勝てる見込みがないということになります。


じゃあ、がんばって1商品1商品、丁寧に書く必要があるかと言えば、

実はそんなことはないんですけどね。


それはそれ。いくつかポイントがあって、そこを抑えれば

まあ大丈夫というやり方があります。。。


あなたでもすぐにできる。

それくらい簡単な方法です。

それは・・・書かないつもりでしたが、書いちゃいます。


それはタイトルです。タイトル。

タイトルさえ書きかえればいい。

これくらいなら楽なもんでしょ?


さらに言えば、タイトルと1セットで考えるもう1つのタグ。

あそこも書き換えた方がいいです。


分かるかな?

分かるよね。

さて、前置きが長くなりました。

ここからが本題となる予定でしたが、書いてみたら、

いつもの倍くらいの長さになってしまいました。


おそらく読むのも大変だろうなーということで

残りはまた後日配信することにします。


すでに書きあがっているので、

そんなに日は空かないと思います。

楽しみにしていてください。


ではでは、また次回。

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑