解説ヤフー検索のグーグル化はドロップシッピングにとってチャンス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数日前から私が使っている検索順位チェックツールの

データがヤフーもグーグルもほぼ一致するようになりました。


正式なアナウンスはまだないようですが、完全移行も近いのでは?

と思います。


この移行で私のショップやサイトたちがヤフーで一気に

上がってきました。


1ページ目もゴロゴロ。


あぁ、2年前を思い出します。(笑)


あの8月下旬の出来事は、多くのアフィリエイター、

ドロップシッパーを泣かせたものです。


この2年間はヤフーに手を焼きリスティング広告でカバーという

方法を取ってきましたが、とうとうSEO一本で行ける状況が

整いつつあります。


来ます。

来ますよ!(笑)


グーグル対策は、今からでも遅くはありません。


実際、うちの塾でショップを作ってもらっているんですが、

私が指示したキーワードで作ってもらったお店は

たいてい上位に上がって来ています。


ま、どうやっているかは秘密!


というのはウソなんですが、

要はライバルが少なく、購買意欲が高いキーワードを探し

まずは、そこを攻めるだけです。


分かりましたか?(笑)


ライバルのチェック方法は今までにもお伝えしてきましたし

塾でもセミナー動画をご用意しています。


でも・・・


多少の訓練、慣れが必要なのも事実。


というわけで塾では、1人1ショップだけではありますが

手取り足取りアドバイスを差し上げながら選定に必要な情報を

調査していただき、最終的な選定は私が行うという方法を取りました。


結果、上がる上がる。(笑)


これから数ヶ月先がとっても楽しみでなりません。


さて、こんな話をしても実際にできないのでは意味がありませんので、

もう少し詳しくご紹介しておきましょう。


まず最初のポイントは市場を調査することです。


今どんなものが人気があって売れているのか?

どんな人が何を求めているのか?

どんなジャンルが熱いのかなどを調査するのです。


それをどこで調査するか?

それはヤフー知恵袋や教えてGooなどを利用するんです。


そこにはいろんな悩みを持った人が集まり

日々質問と回答がなされています。


それをず~と見ていると、今何がホットなのかが

見えてくるんです。


と言っても、そこでコケる人が出るので塾では、

いくつかのおすすめジャンルを指定しているんですが・・・


でジャンルを決めたら、どんな人がどんな商品を

求めているのかをさらに調査し、キーワードを収集するんです。


そしてキーワードを収集したら、あとはライバルチェック。


購買意欲が高く、ライバルが少ないキーワードを見つけたら

キーワードを意識しながらキャッチーなタイトルを考えてお店を作る。


お店の形が出来たら、外部のサイトやブログからリンクを

送る、送る、送る。


もちろんショップの構造にもポイントがありますが、

塾では専用のテンプレートを使ってもらっているので

その辺は意識することもありません。


ちなみに基本的なタグの使い方とリンク構造が出来ている

テンプレートなら大方使えると思います。


下手に自作するより、ある程度出来上がった

テンプレートを使うのが基本です。


でもどうしてもオリジナルなお店を作りたいという人は

SEOをしっかり踏まえて設計してくださいね。


出ないと苦労の割には見返りがありませんので。

さてさて。

えらい脱線をしてしまいましたが、ヤフーのグーグル化は

我々ドロップシッパーは喜んで良い環境の変化だと思います。


キーワード選びが出来て、地味な作業をこなす継続力が

あればグーグルは攻略できますので。


年末年始に向けてスパートをかけましょう!

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑