解説SEOに効果があるメタタグの利用

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。
ドロップシッピングガイドの和田です。


今回はメタタグについてご紹介します。


メタタグとはHTMLファイルの上位部分で、そのHTMLファイルがどのようなファイルなのかを記述するタグのことです。


このメタタグにもいくつかの種類があるのですが、ここではSEOに関係する2つのメタタグのみご紹介します。

その2つのメタタグとは、Keywords と Description タグです。
Keyword タグは、そのページの主要はキーワードを埋め込むことで、検索エンジンなどにHTMLファイルの内容を伝えているのです。


あまりたくさん埋め込まず、本当に必要なキーワードのみ埋め込みようにしましょう。
通常は、5個前後が良いようです。また、重要度の高いものから順に並べるのもポイントの一つ。


検索エンジンは、ファイルの先頭から順にチェックしていますので、より早く出現したキーワードを重要なものと認識する傾向があります。


次に Description タグです。
Description タグは、ファイルの内容を簡潔に説明した文章を埋め込みます。検索結果の表示などに利用されます。


検索結果の表示をコントロールすることができるため、非常に重要なタグと言えるでしょう。もちろん、キーワードを埋め込むことも忘れずに。キーワードが入っていないと表示されませんからね。


文字数は100文字程度をしっかり使うようにしましょう。短すぎても長すぎてもダメです。短い文章ではユーザーに内容を伝え切れませんし、長い文章では検索エンジンに無視されてしまいます。


では、次に実際の記述方法をお話しますね。


HTMLファイルを開くと、先頭の部分に


タグがあり、

というメタタグがあるはずです。
このメタタグに続けて記述してください。


もしなければ、headタグに囲まれる中に記述してください。

<head>
<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,キーワード3">
<meta name="description" content="ここにページの説明文を入れる">

<title>ページのタイトル</title>
</head>
<body>
本文・・・


キーワードタグは、キーワードを","(カンマ)で区切って記述します。

この2つのタグはSEOにすごく効果があるわけではありませんが、SEO自体が小さなことの積み重ねで評価されてしますから、しっかり利用しましょう。


また、メタタグ自体はHTMLファイルを記述する作法のようなものですから、節度の心も必要です。(^-^;。

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑