解説SEOは、キーワードの選定に失敗するとすべてがムダになる

このエントリーをはてなブックマークに追加

棚卸SEOの第一回目である今回は、

キーワードについて解説してゆきますよ。


もし何か分からない点があれば、お気軽にご質問下さいね。

ご質問は、このメールに返信する形でお寄せ下さい。

では、早速ですが本題に入っていきましょう。

まず検索エンジン対策(SEO)を始めるにあたって

どのようなキーワードで集客するか、

これを最初に考えなければなりません。


お客様は商品を探していたり、悩みを解決するための情報を

調べていたりと実に様々な状態にあります。


この状態の中でもっとも売りやすいのが、

いつも言っていることですが

"商品を買うつもりで探している人"なのです。

もう耳にタコができるくらい同じことしか言っていませんから、

覚えてしまったのではないでしょうか?(笑)

では、買うつもりでいる人というのは、

どのような言葉で検索しているのでしょうか?

そうですね。

商品名やメーカー名+○○、商品型番といったキーワードで検索していますね。


ですから、商品名や商品型番で検索したとき、

あなたのお店のウェブページを検索結果の上位に表示させることができれば

売れる可能性が飛躍的に上がるというのは想像に難くありませんよね?

このように"売りやすさ"というのは、誰を集客するのかという部分に

大きく左右されるんですね。


そして、狙うキーワードがズレてしまうと、

どんなにがんばってSEOを掛けても集客しても

ぜんぜん売れないということにもなりかねません。

SEOでは、キーワードの選定というのは、

とても重要な要因になるのです。

まずはこれが基本です。


さらにワンランク上を狙うなら、

商品名を思い出せない人を狙う方法もあります。


このポジションはライバルが少ないため上位に上げやすく

比較的安定した状態を保つことができます。


ただキーワードの見極めには、かなりの慣れが必要でしょう。


まあ、まずは基本をしっかり抑え、

商品名や型番で上げることから始めましょうね。


ちなみに今はショップできすぎくんで

お店を作る人がほとんどです。


ですから1商品1ページで作ると

意外と上がりやすかったりしますよ。(ボソッ)

さて、手短ですが今回はこの辺で。

ではでは、また次回!

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑