解説本当に必要な時間を作るためにツールを使う

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、昨日の続きである効率的にページを生産する方法に

ついてお話しますね。


ドロップシッピングを利用する方の多くは副業でビジネスを

されています。


1日に1時間しか時間が取れない。

そういう人が圧倒的に多いわけです。


ですから限られた時間の中で作業を行う必要がありますから

如何に効率よく立ち回るかが重要なわけですね。


ま、この辺についは作業さえしていれば、言われるまでもなく

感じているはずです。(笑)


で、解決方法は、

昨日お伝えした時間配分が重要ってことになるわけですよ。


まだご覧になっていないなら今すぐこちらの記事を

チェックして下さいね。

あなたも間違っているかもしれない力の入れどころ


さて、売上を立てるためには重要な作業に時間を割くことが

必要となるわけです。


だから初期の段階では、重要度が低いページ作りに

時間を掛けないことが大切ということになります。


そのために何が出来るのか?

ですね。


それは簡単にページが作れるツールを使うことです。


「できすぎくん」や「超できすぎくん」をいかに使い倒すか

ですよ。


売れない理由が「できすぎくん」や「超できすぎくん」

にあると思っている人もいるようですが、


あの、それ違いますから?


「できすぎくん」でも、問題なく売れます。

というより、下手なページより売れます。


売れない理由は、そこじゃない!


売れない理由は、扱っている商品、または集客に

あることがほとんどなんですよ。


もっと突っ込んだことを言えば、ターゲットを全く

考えていないことにあると言えます。


ターゲットを考えないから、集客に失敗する。

ターゲットを考えないから、商品の売りが伝わらない。

ターゲットを決めないから、商品選定でブレる。
※商品から入る場合は別


ま、今日はターゲットの話がメインではないので、

この辺にしますが、全体的に考えてない(何をどう考えれば

良いのかが分からない)ことが問題なのかなと感じます。


さて話を戻しまして、「できすぎくん」が売れない理由に

デザインを問題視する人もいますが、そこもちょっと違うかな。


もちろんデザイン性で信頼感を感じる人もいるでしょう。


しかし、逆にデザインが素人でも、

心を込めて書いてあれば共感を覚えたり信頼感を感じる

こともあります。


そういうもんです。


ちなみにデザイン性は、こういうツールを使うことで

ワンランク上に押し上げることが簡単にできます。


http://www.dsx101.com/list/dekisugi_temp.html
※塾で無料でお譲りしているツールです。


あと、新しく開発した「できすぎくん」をショップに

組み立てるツールも塾では使い始めました。


こんなページが出来上がります。
http://www.dsx707.com/spli/post.html


こういうツールを使うことで、初期ページ作りの時間を

押さえ、本当に掛けなければならない部分に時間を割く。


教えられるまでもないことなのかもしれませんが、

意外と気付いていないようなので、あえて題材に

してみました。

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事