解説専門店やコンセプトショップを考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は「効率的にショップを作る5つの流れ」の続きです。

↓↓5つの流れとは、コレのことね。↓↓

1.あなたがこれから取り扱うジャンルを決める。
2.専門店やコンセプトショップを考える。
3.ショップを作る。
4.初期のSEOを施す。
5.次のショップを作る。


このうちの2番についてお話しますね。


「専門店やコンセプトショップを考える」ですが、

コンセプトショップは初心者の方には難しいので

専門店に絞ってお話します。


初心者の方が良く始めるお店に何でも屋(総合店)が

ありますよね。


なぜ何でも屋を作ってしまうかというと、自分が売れそうだと

思った商品を考えなしに取り扱ってしまうからでしょう。


確かに売れ筋を扱えば売れ易そうです。

しかし、ここには大きな落とし穴があります。


例えば、あなたが八百屋さんに買い物に行ったとします。

そこに『布団あります。』と書いてありました。

あなたはその八百屋さんで布団を買いますか?

もし買わないなら、なぜ買わないのですか?


例えばこんな感想があるかもしれません。

・野菜を買いに来たので布団はいらない。
・八百屋で布団を買うのが気持ち悪い。
・商品としての安心感に欠ける。


上記以外にもいろいろな感想があったはずです。

そしてお客様としてのあなたの感覚は正しいのです。


しかし商売人という立場になると、この感覚を忘れて

売れそうなものを何でも扱ってしまうわけですよ。


確かに何でも屋(総合店)にすれば、1店舗で何でも扱えるので

楽かもしれません。


しかし商品点数の少ない何でも屋は、信頼感に欠けるのです。


専門店化されていないお店は、何のお店なんだか

分かりません。


ネットって顔が見えないので、お客様は不安を覚えるんですよ。

「このお店で買っても大丈夫かしら」ってね。


その不安を払拭する1番簡単な方法が専門店にしてしまうこと

なのです。


専門店にすることで、あなたのお店が何屋さんか分かり、

お客様も少し安心するんですね。

そして専門店にする、もう1つ大切な理由があります。


それは無料の集客の大きな柱である検索エンジン対策(SEO)

で有利になるということです。


検索エンジンは、テーマをしっかり絞ったショップを好みます。


好むというより、テーマが絞れていないショップは、

どのキーワードで検索結果の上位に上げてよいのか

検索エンジンが判断できないと言ったほうが良いかもしれません。


結果的に何でも屋は、どのようなキーワードでも集客できない

という状況になりやすいのです。


さらに検索エンジン対策は、被リンク(リンクをもらうこと)の

質と数が重要になります。


1つのお店しか持っていなければ、あなたは質の良いリンクを

もらうすべがありません。


しかし複数の専門店を持てば?

あなたのお店ですから、リンクを送ることは自由にできますよね。


手持ちのお店が増えれば増えるほど、検索エンジン対策で有利に

なるわけですよ。


1つのお店を大きくするより、複数のお店を持つ理由がここにある

のです。


小さくても良いので複数の店舗を持つことです。

最初の目標は10店舗。


もちろん10店舗で終わりじゃありませんよ。

どんどん増やせば増やすほど、あなたは有利になりますから

15、20と1店舗でも多く増やして行くことです。


お店の数が増えれば増えるほど、検索エンジン対策が

楽になって行くのでやらない手はないんですね。

さて、ここからが今日の本題です。(笑)


専門店化する理由が分かったところで、次は

どのような専門店を作るのかです。


まず考えられるのが、

・八百屋
・お肉屋さん
・ドリンク屋
・家電のお店
・ブランド品のお店

など普通のお店と同じ切り口で考える方法です。

これは誰にでも出来ますよね。


でも、これだけじゃダメです。

実店舗は地域という敷居で区切られています。


○○市の○○町にある八百屋。

普通ならエリア内に1店舗とか2店舗とかしかないわけですよ。

あとスーパーもライバルか。


ま、それでもライバルは2人とか3人なわけです。

しかしネットには地域という敷居がありません。

八百屋さん、ライバル10000店舗とか意味が分かりません。


こんなにいてあなたは勝てますか?

勝てませんよね。


だからネットで商売するなら、もっと絞ったお店を

考えないと商売が成り立たないんですよ。


絞るとは、一言で言えば『こだわり』なんです。


あなたのお店の『こだわり』はなんですか?

今日から3日間かけて、あなたのお店の『こだわり』を

考えてみましょう。


では、今日はここまで~

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事