解説SEOで上がる保証がないからスピードを重視してショップを作れ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて今回も「効率的にショップを作る5つの流れ」の

専門店やコンセプトショップを考える」の続きです。


↓↓5つの流れとは、コレのことね。↓↓

1.あなたがこれから取り扱うジャンルを決める。
2.専門店やコンセプトショップを考える。
3.ショップを作る。
4.初期のSEOを施す。
5.次のショップを作る。


今日は3番目である「ショップを作る」です。


はい、この流れでは、

ただただショップを作るだけです。


でも、一応、注意して欲しいポイントが3つだけ

ありますので説明しますね。


1つ目のポイントは、スピードを重視すること。


デザインとか、構造とか気にする前に、とにかくページを作り

検索エンジンに認識してもらうことです。

これを最優先して下さい。


そのためにはテンプレートを利用することです。


いちいちHTMLでページを作っていては時間がいくら

あっても足りません。


時間を短縮するためにもテンプレートは必須です。


近日発売予定の『できすぎくんショップ化MTテンプレート』

を使ってもらっても良いですし、とりあえず超できすぎくん

でも構いません。


『できすぎくんショップ化MTテンプレート』は、

このメルマガの読者さんには先行販売価格でお譲りしますので

楽しみに待っていて下さいね。


話を戻しまして、


とにかくお店を作るツール、またはテンプレートを使い

余計な時間を省くこと。


これを忘れないで下さい。

2つ目のポイントは、商品ページから作ること!

多くの人はトップページから作り始めるのですが、

トップページは後からで構いません。


まずは10ページほど、商品ページを作る。

商品ページ作りを優先し、10ページ出来たら

トップページを作ってまとめ上げるのです。


トップページはお店の顔ですが商品がなければ、

あっても意味がないのです。


何よりアクセスの多くは、トップページではなく

商品ページに直接来るのです。


だから商品ページから作り始めるんですね。

そして最後のポイントが、ショップのメインキーワードを

決めることです。


お店のテーマに合うメインキーワードとの3つ以上の

複合キーワードを探して下さい。


複合キーワードというのは、

「ダイエット」というメインキーワードなら、

「ダイエット」「サプリメント」「通販」

と言った2語以上の組み合わせキーワードのことです。


3語以上を組み合わせることで、初心者の方でも

検索エンジンの上位を狙いやすくなるんですね。


本当はライバルの調査とかもしっかりやって

欲しいんですが、ここでモタモタするより、

まずはショップを作ることを優先して下さい。


キーワードは後からでも調整できますからね。


以上、3つのポイントに注意して、スピード重視で

初期のショップを構築する。


ここまでが「ショップを作る」作業になります。


この部分はいろいろ疑問もあるでしょうけど、

細かいところは気にせず、いまあなたが出来るレベルで

構いません。


とにかくスピード重視でページを作ることです。


では、次の作業は次回でご紹介しますね~

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事