解説ショップ作りで最初に行なって欲しい大切なポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ショップ作りで大切なことって何だと思いますか?


それはですね。


「事前の調査」ですよ。


市場の動向、お客様の悩みとニーズ、ライバルの存在などを

しっかり調査し、どんなお店を作りどんな商品を扱うのかを

決めてゆくこと。


これが欠かせません。


以前、配信した多店舗戦略では、この辺、あまり深く掘り

下げませんでした。


多店舗戦略においては、まずは店舗を増やすことを最重要

ポイントに据えているので、細かく調査をしなかったのです。


その分、手数でカバーしようという考えですね。


SEO的にも多店舗を持つことが有効だったわけです。


ただここに来てページ数が薄いお店より、ボリューム感の

あるお店の方が存在感を増しており、今後しばらくはこの

傾向が続くと予想されます。


そこで今回は、あなたが一番力を入れるメインショップの

作り方をご紹介して行こうと思います。


さて冒頭の話に戻りますね。


最初に「事前の調査」が大切だと言いましたが

これはメインショップの成功率を上げるためなのです。


お客様のニーズがないものを売ろうとしても売れません。


ライバルが強すぎるところで商売しても勝てません。


こんなこと言うまでもないとは思うんですが、

とりあえず作ってしまおうと考える方は、大抵上記の

問題を抱えることになるんですよ。


後で修正しようと考えているようですが、修正が効かない

ほどズレていることもあるので、やはり最初にしっかり

調査と準備を行うべきでしょうね。


かく言う私もむかーし、もしも大学の竹内学長に

バッサリと切られたことがあります。


「まさに泥沼に泥舟で漕ぎ出すようなものだね」


はい、返す言葉もありませんでした。


ま、今思えば何であんな店を作ろうと思ったのか

不思議になるほど、ア○な切り口でした。


今となっては良い思い出ですが。(笑)

それはさておき、どのように市場を調査をして行くかと言うと

まずは世の中をしっかり見るのです。


例えば雑誌や実店舗を見て下さい。


雑誌なら特集、実店舗なら一番目につくところで何を

売っているのかをチェックするのです。


またランキングなども参考になるでしょうし、

うちの塾生さんには、○○で調査して下さいとアドバイスを

しています。


そうすることで売れ筋や人々の悩みが見えてきます。


この悩みを知るということも大切で、人が商品を買う理由は

何らかの目的、感情の変化を求めているからなんです。


その商品が欲しくて買うわけではなく、例えばその商品を

使うことで得られる結果、感情を求めて買うわけですよ。


そこを理解しているか、していないかでページの出来が

全く違いますし、どんな人を集客すべきかの判断材料にも

なるのです。


そしてその人たちがどんな言葉を使っているかを調査し、

集客するキーワードが見えてきたら、次はライバルを

チェックし、勝てそうならそこで勝負する。


勝てそうもなければ、他のキーワードでライバルを

チェックするだけです。


と言っても単純にキーワードアドバイスツールで調べるわけ

ではありません。


結局、キーワードアドバイスツールで見えるのは、核となる

キーワードとそれに付随する一部の周辺キーワードだけです。


しかし人々はあなたが知らないような言葉で検索している

ケースって実は多くて、それを知るためにはキーワード

アドバイスツールではダメなんですよ。


ま、この辺の話はまた追々するとして、

失敗する確立を出来るだけ小さくするためには、

十分に調査し、あなたが勝てる市場を探しそこで

お店を構える。


これが大切だってことですね。


何となくでも分かってもらえましたか?

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事