解説ライバルに気づかれずにアクセスを奪い去る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、あえて反社会的なタイトルにしてみました。


気になったというあなた。


これがキャッチコピーの力ですよ。(笑)


ということで今日お届けするのは、

キャッチコピーのテクニックを使って、SEOでの集客を

アップさせる方法についてです。


このテクニックは、SEOに直接関わるものではないのですが

アクセス数に影響を与える考えですから、

しっかりと理解するようにして欲しいですね。


さてまずSEOについてご存じない人もいると思いますので

SEOについて簡単に説明しておきましょう。


SEOとは、ヤフーやグーグルの検索エンジンの結果で

順位が上位に上がるように調整を行うテクニックのこと。


サイト(ショップ)の調整を行うことで狙ったキーワードで

順位を上げることを目指すのです。


次に知っておいて欲しいのが

検索エンジンはあなたのサイトを様々な評価要素を計算し

順位を決めているということです。


これには大きく分けると2つの要因に分けられ、

内部要因、外部要因に分けられます。


内部要因というのは、あなたのサイトの内容や構造に

関わるものであり、あなた自身が調整できる部分です。


ですから最初は、この内部要因を調整することから

はじめることになります。


次に外部要因ですがこれはあなたのサイトへのリンクに

関わる要素が評価されます。


それは数であったり質であったりします。


分かりやすく例えるなら外部要因とは、人気投票のような

仕組みなのです。


他のサイトからリンクをもらっているということは、

人気があり、内容も良いという考えに基づくわけです。


そして、もらうリンクの数が多ければそれだけ評価されます。


また一般人より権威者から推薦されたほうが

良いという風に考えられますから、良質なサイトからの

リンクは高く評価されるというわけです。


もう少し具体的に言えば、昨日できたようなブログから

リンクされるより、ヤフーのようなサイトからリンク

されているほうが評価が高くなるということですね。


ま、ざっくりとですがこの辺が基本となる考えです。


今日はSEOそのものの解説が本題ではありませんので

この辺にしておきますが、もっと詳しく知りたいという

方は、こちらのDVDがオススメです。

http://www.dsx101.com/list/seo_kakumei.html


様々なテクニックが論じられるSEOですが

アフィリエイターができるテクニックに集中して講義された

特別なセミナーが、こちらのDVDになります。


アフィリエイターとドロップシッパーは、

集客においてはほぼイコールですから、

そのまま実践できる内容になっています。


しかもとにかくお値ごろ。

これは買い以外の何者でもありません。


ぶっちゃけ本気でSEOをやるなら

全員買うべき必聴のDVDですよ。


ただ3時間以上に及ぶセミナーですから、

そのボリュームは覚悟して下さい。(笑)


オススメの視聴方法は、ドロップシッピングに取り組んで

いるときに流しっぱなしにして耳で覚えるという方法です。


これなら時間は取られませんしね。


何よりこれ聞いて、今の価格の元が取れないという人は

いないと思います。


いるとすれば、「ああ、いい話を聞いた」で終わって

しまう怠惰な人くらいですね。


このDVDはうちの塾生さんも含め、全員が買うように

して下さい。(きっぱり)

http://www.dsx101.com/list/seo_kakumei.html


普段、ほかの人の商品を紹介することは、

ほとんどない私がこうやって紹介するのも、

それだけドロップシッパーに必要な内容だからですよ。


ま、あとの判断は任せますが

今すぐ購入することをオススメしますよ。


先延ばしにしたら、たぶん後悔します。(笑)

http://www.dsx101.com/list/seo_kakumei.html


さてさて。

話が長くなってしまいましたが、キャッチコピーのテクニックを

SEOに使うという本題に戻りましょう。


まずはキャッチコピーのテクニックをどのように使うのか

ということですが、検索エンジンの結果に表示される部分。


つまりタイトルで使うんですよ。


正確には<title>タグで使います。


タイトルというと、ショップの上部(ヘッダー)に表示される

ものを思い浮かべる人が多いのですが、検索エンジンの結果に

表示されるタイトルは、<title>タグの部分なのです。


SEOでも、もっとも評価される部分がこの<title>タグの

部分なんですね。


この<title>タグにはキーワードを含めることになるのですが

それだけではページを見てもらえない可能性があるのです。


たとえば同じ検索結果に、次のようなタイトルが並んでいたら

どれをクリックしますか?


1.エアロバイク通販
2.大人気のエアロバイク
3.行列ができる人気のエアロバイク。今なら40%オフ


3番が一番気になったのではないでしょうか?


単純に順位を上げるという意味では、最低限キーワードを

含めればOKです。


しかし結果ページに表示された、どのタイトルをクリックする

のかは、そのタイトルの惹きの強さに大きく左右される

のが分かると思います。


折角1位をとってもその下の2位に、とても魅力的なタイトルが

あるとアクセスを持って行かれるのです。


逆を言えば、上の順位を取れなくても魅力的なタイトルをつける

ことでアクセスを呼び込むことができるのがタイトルに秘められた

パワーなのです。


では、次にタイトルをつけるときの基本をお伝えしますね。


まず絶対に忘れてほしくないのが

上位を狙うキーワードを含めることです。


これを怠ると上位を目指すことが、とても難しくなります。


この前提を踏まえた上で

キャッチコピーの要素を取り込んでいきます。


まず最初に考えて欲しいのが、ま、いつも言っている

ことですが『お得感』を出すことです。


このお店ならお得なものが買えるのではとイメージさせる

わけですよ。


で代表的な言葉としては、

送料無料、セール、バーゲン、まとめ買い割、
○○%オフなどがあります。


また具体的な数字を使うのも有効です。


○○%オフ、8000円以上、10キロなどなど。


数字を使うことでお得感をより具体的にイメージできるんですね。


あとターゲットをしっかり絞るのも有効です。


例えば主婦に人気とか、業務用とかです。


このように相手を絞ることで、ある特定の層に響きやすく

なり、その層をごっそり集客できるんですね。


基本、キャッチコピーのテクニックがそのまま使えますので

いろいろ工夫してみましょう。


ただし1つだけ注意があります。


それは検索結果に表示される文字数に制限があるということ。


長くなり過ぎると後ろの文字がカットされますので

意味がなくなります。


今ですと大体35文字くらいがちょうど良いので、

35文字以内にまとめるようにしましょうね。


それでは、また次回!

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事