解説なぜ、オリジナルな商品説明文を用意しなければならないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は興味深い、いや私が普段言っていることを再確認

できる記事と言った方が良いかな?


そんな記事を見つけましたのでご紹介しますね。


その記事がこちら。

「8億円の売上アップをもたらした、ECサイトでコンテンツを
増やす9+1個の方法 at PubCon」


まずは、じっくりご覧下さいね。


>> http://www.dsx101.com/list/ec8oku.html





いかがでしたか?


いろいろ再確認できたはずです。


え?分からない?

うーん、しかたないな~(笑)


じゃ、一番のポイントだけ解説しておきますね。


そのポイントがコレ。

『5.オリジナルの商品説明』


普段から口をすっぱくしながらお伝えしているのが、

オリジナルコンテンツを書きましょうねって話です。


ドロップシッピングの場合、商品説明がメーカーや卸から

提供されています。


「これ、使うと楽なんですよね~」


はい、分かりますよ。

あなたの気持ち。


でもそれじゃ~駄目だよっていつも言っています。

理由は2つあります。


1つはSEO上の理由です。


検索エンジンはオリジナルな記事を求めていて

コピー記事は排除する方向にあります。


実際、自分で作ったサイトのコピーを作って公開すると

分かると思います。


スパムとして認識される可能性がとても高いです。
(本当にやらないで下さいね。責任持てませんよ)


それくらいコピーサイトは怖いんですよ。


ただドロップシッピングの記事をそのまま使ったくらい

では今のところスパムにはなりません。


これは所有者が同一かどうかをチェックしているからだと

思われます。


安心しました?


でもだからと言って安易にコピー記事を利用していては

将来どうなるかなんて誰にも分からないんですよ。


時間をかけて作ったお店に、ある日突然アクセスが

なくなるなんてことだってあるってことですよ。


だからコピー記事はおすすめできないんですね。


あとコピー記事の場合、書いてある中味が同じだから

集客できるキーワードがライバルとほとんど同じになってしまう。


そうなるとショップの力(ドメインのパワー)での

勝負となり弱者が勝てるわけがない。


逆にオリジナルな記事を書くと

ライバルとは違ったキーワードでも上がってくるので

トータルでのアクセスが増えるという恩恵もあります。


そしてもう1つの理由が、お客様は複数のページを見ていて

同じようなページに用はないということ。
(だから検索エンジンはコピーページを排除したい)


この意味わかりますか?


では、お客様が複数のページを見る理由ってなんでしょう?


これを考えると分かりやすいですかね。

それは言うまでもありませんよね。

知りたい情報が足りないからです。


だから別のページでも調べている。


でもコピー記事だったら?


読まれるわけないじゃないんですか。

読むどころかうんざりして去ってゆく。


これではいくらアクセスがあっても売れないという状況に

なるわけですよ。


この状況で売れるのは、それこそ運に頼っていると

言っても良いくらいですよ。


だ・か・ら


ちゃんと記事は書きましょうねってことですよ。

「でもどんな内容を書けば良いのか分かりません」


はい、これときどき言われます。

でもですね~


お客様からすれば、あなたはショップの店長さんなんですよ。

そのジャンルのエキスパートであることを期待しているんです。


にも関わらず、やっと見つけたお店がやる気のなさそうな

ページだったとしたら、あなた自身買いたいと思いますか?


普通、買いたいと思わないはずですよ。


これ、

あなたのお店で売れない理由の1つかもしれませんよ。


ですから店長として少なくともあなたの扱う商品の商品知識

くらいは十二分に持つようにしましょう。


せめて売れ筋の商品くらいはメーカーサイトなども

チェックして商品知識をインプットするようにして下さいね。


商品が分かれば、随分と書きやすくなるものですよ。

さて。

話が長くなったので

あとは先ほどの記事で復習しておいて下さい。


相当重要なことがサラリと書かれています。(笑)

それでは、また次回!

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事