解説お客様の声を、もっと効果的に活用する方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声の効果的な使い方、知っていますか?

もし、お客様の声の中から良さそうなものを、

ただただ並べているなら、あなたはきっと損をしていますよ。

お客様の声は、店主であるあなたが語る説明とは違い

リアリティがあるので購入を検討している人の心に響きます。


これは分かってるから、お客様の声を販売ページに挿入していると

思います。

しかし、その使い方では損をしているのですよ。

もっともっともっと効果的な使い方があるんです。

ネット上にあるページが隅々まで読まれることは稀なのです。

「いえ、わたしは全部読みますよ!」

なんて言う人もいるかもしれませんが、そういう人なら

こちらとしても楽であり、特に対策する必要はないですよね。

インターネットは無料で情報を見ることができますから、

情報の価値があまり高くありません。

ゆえに読み流されることが多いのです。

出したお金に比例して、真剣度が変わるとも言えます。


たとえば新聞なんかは安価ですから、

気になった部分だけが読まれます。


小説などの書籍なら、よほど面白くないときを除き

最後まで読むのがふつうでしょう。


高額な本なら血眼になって隅々まで

そして何度も何度も読むとかありませんか?


人は損をしたくない生き物なので、お金を出しただけ

元を取ろうとするのです。


しかしネットは無料ですから、この気持ちがない。

だから読み流されるのです。

だからこそ目立つキャッチコピーを配置して

逃げるお客様を捕まえる工夫をすることが必要だと

今まで口をすっぱくしてお伝えしてきたのです。


またキャッチコピーと同じことが販売ページの中身にも言えて

ただ書けば、ただ並べれば良いというものではありません。

伝えたい箇所があるなら強調したり、文章には見出しを

つけるなどの工夫が必要なのです。

そしてお客様の声も同じで、ただ並べておけば良い

というわけではありません。

にもかかわらずお客様に読んでもらうことを前提としたページが

ほんとうに多いのです。

まあ、私としてはライバルが減るので

楽ではあるんですが。

でもこのメールの読者であるあなたには、

損をしない方法でお客様の声を活用してほしいのです。

とまあ、まえがきが長くなりましたが、ここからが本題です!(笑)


では、どのような使い方が効果的なのでしょうか?

それはあなたが主張したことを証明する声として

活用することなのです。

例えば、軽量化された商品があったとして、

この商品は軽くて片づけるのも楽になりました!

という主張をあなたがしたとします。


これだけでは、お客様はほんとうかなと勘ぐってしまいます。


そこへ、あなたの主張を裏付ける声として

お客様の声をすぐ下に掲載することで

お客様も安心して購入できるというわけですよ。

あるだけでも効果のあるお客様の声ですが、このように

活用することで、より効果的に使うことができるんですね。

ネットを利用する人は、基本ぐうたらだと思って下さい。

欲しい情報を探すのも面倒だと思っているのです。

そんな人にお客様の声はこちらです。

なんてやっても見てもらえなし、探してもらえないですよ。

お客様に探させるのではなく、こちらで用意してあげる

ことが大切なのです。

さて最後にもう1つ。

人が面倒くさがりだというお話をして締めくくります。

むかしはホームページを作るのも一苦労でしたが

ブログが登場してHTMLが分からない人でも簡単に

ネットで発言できるようになりました。


この頃から一般の人にもネットが普及し始めました。


でもそのうち記事を投稿するのが面倒になり止める人が

増えましたよね。


そして昨年はツイッターがヒットしました。

たった140文字でコミュニケーションができるツールとして

爆発的な人気となったのは記憶に新しいところ。


そして今はファイスブックです。


ファイスブックはツイッターのように短い記事を投稿して

コミュニケーションもできますが、一番の魅力はなんと言っても

<いいね>ボタンです。


たった1クリックで相手の記事を評価したり、

良いウェブページをシェアできるわけですから

これ以上ないほどにまでシンプルになりました。

このように人は、面倒なことを嫌い、楽な方法を選ぶものなのです。

販売ページであれば、読みにくいページを読むくらいなら

読みやすいページを探して読もう。

そう思っているのです。


読んでくださいスタンスで売れたのは、もうずいぶんと昔のこと。

お客様が必要とする情報を分かりやすく、そして的確なタイミングで

掲載する。


これが今のやり方なのですよ。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事