解説惹きのあるアイキャッチとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、ファーストビューという言葉をご存知ですか?

ファーストビューとは、ウェブページを開いたとき、

スクロールせずに表示される部分(領域)を指す言葉です。

お客様はファーストビューを見て、自分が探してる商品、または

情報があるページかを判断していますので、

ファーストビューの出来、不出来で大きく結果が変わってきます。

そしてファーストビューで一番大切なのがキャッチコピーであることは

あなたもご存知かと思いますが、

キャッチコピーと同様に大切なのが、目を惹く写真(アイキャッチ)

であることをご存知ですか?

例えば、もしものできすぎくんでページを作ると

ファーストビューに写真が入っていますが、

これはセオリー通りの構成になっているからです。

あなたが意識することなく、王道な作りができるのが

できすぎくんであったり、ショップできすぎくんなのですね。

ただ、できすぎくんも万能ではありません。

写真があれば良いというわけではないからです。


アイキャッチとして機能させるためには、

惹きの強い写真を使うことが必要だからです。


惹きが強いとは、興味をそそられるということであり、

赤ちゃんや女性の写真、実際に使用している写真などが

アイキャッチとして良い素材なのです。


ですが、できすぎくんでページを作ったとき、

商品だけの画像であることが、ままあります。


ですから、あなたがすべきなのは、

アイキャッチとして適切な写真を選んで

あげるという作業です。


ちょっとしたことですが、これが惹きをつくり

あなたのページを見てもらう取っ掛かりとなるので、

必ず写真は選ぶようにして下さいね。

さらに一歩先いく人は、もしもの写真に適切なものが

ないとき、女性や赤ちゃんの写真を下地に商品画像を

合成して上手く惹きのあるアイキャッチを作っていますよ。

画像編集をしたことがない人にとっては、難しいことかもしれませんが

画像編集の力もちょっとずつ勉強しておくと良いですよ。


画像編集は最初は難しいと感じるでしょうが、基本操作くらいは

遅くとも1か月もあれば覚えると思います。


あとは良い画像をいっぱい見て、センスを磨くことかな。

それじゃ~、また次回をお楽しみに!

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事