解説ゼロからお店を作る手順:概要

このエントリーをはてなブックマークに追加

今日から数回にわたって、ゼロからお店を作って稼ぐ方法を

お伝えして行こうと思います。


ドロップシッピングで稼ぐ方法はいくつもありますが

もっとも手っ取り早く稼ぐなら、広告を利用するのが一番です。


しかし広告を利用する場合は、キーワード選び、ページのデキ、

資金などクリアすべき課題があり、なかなか実行できない、

または成果が伸びないという人も多いかと思います。


そこで今回は、資金がなくても取り組める方法で、

お店を展開してゆくやり方を

もう一度最初からご紹介してゆこうと思います。

第一回目となる今回は、その概要です。


まず商品を売ろうと考えたとき、用意しなければならないのが

お店です。


いわゆるネットショップですね。


お店がなければ話になりませんから、これを用意するところから

始めます。


お店を作ると言っても何でも良いというわけではありません。


欲しいと思う人(市場)がいるジャンルで始めること。


これは、絶対にハズしちゃいけません。


もしハズしてしまうと集客できず、成果に結びつきませんからね。


ジャンルを決めるポイントなどを解説してゆきます。


ジャンルを決められないという人のために、

どういうジャンルがオススメなのか、ということも

含めて今後、解説してゆく予定です。


そして、あなたが作るお店のジャンルが決まったら、

次は扱う商品を探す段階になります。


扱う商品は多いに越したことはありませんが、むやみやたらと

取り扱ったとしても売れません。


そこで商品選びのコツなどもご紹介できればと思います。


そして商品を販売するページの作り方、特にページの構成と

キャッチコピーの作り方を解説します。


販売するページを作ったら次にやるべきことは、

お客様をあなたのお店に呼び込むという作業です。


集客はヤフーやグーグルなどの検索エンジンから集めてきます。


フェイスブックもツイッターも使いません。


とかく新しいものが注目され勝ちですが、

相手が必要としているタイミングで物を売るというのが

ネットで商売する基本です。


このタイミングを無視するフェイスブックもツイッターも利用しません。


こういうサービスは、売り方を身につけてから、

取り組まないと上手くはいかないですよ。


何よりあれも、これもというのは良くありませんから、

検索エンジンに特化してお話ししてゆきます。


だいたいこんな流れで解説して行くことになります。

今回はお店づくりの概要をお伝えしましたので、次回から

1つ1つ解説してゆきますよ。


では、次回もお楽しみに~

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事