解説最初から100点満点の販売ページはいらない

このエントリーをはてなブックマークに追加

最初から満点を目指さないことが大切販売する商品が決まったら次にやるべきことは、商品を販売するページを作ることです。

商品を販売するページがなければ始まりませんからね。

今は「できすぎくん」や「超できすぎくん」というツールが「もしも」では、利用できますので短時間でページを作ることができます。

HTMLが分からない方でも楽に作れる環境があるのです。

さてページ作りを始めるとすごく時間をかけて綺麗なページを作ろうとしてしまうものです。

販売ページはお店の顔の1つとなるわけですから力を入れたくなるのも分かります。

でも初めから100点満点が取れるような販売ページを作る必要はないのです。

どんなに売れる商品でもあなたが集客できなければ、意味がないからです。

集客方法は別の記事でお話ししますが、あなたの持っている資金であったりあなたが使える時間やスキル、販売のタイミングなど、様々な要因で実際に利益が出せるレベルで集客できるかどうかは変わってきます。

時間を使って販売ページを作っても集客できないかもしれないのです。

ですから最初から100点満点が取れるページを作る必要はないんですね。

そのようなページを作っている時間があるなら、売れる商品を探したほうがよっぽど利益に繋がります。

まずはそれこそ50点、60点で構いませんので、まずは販売ページを作り集客を始める。

これが大切なのです。

ただですね。

このような言い方をすると、適当なページでも良いのだと錯覚する方もいらっしゃるようですが、やはり作り込んだページの方が絶対に売れます。

これは間違いありません。

ここで言いたいのは採算の取れるレベルで集客できるかどうか分からない段階から100点満点のページ作りは時間の無駄ですよということなのです。

力を入れるポイントとタイミングを間違わないで下さいね。

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事