解説1ページ1商品が基本

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、お話しする内容は「1ページ1商品」というルールについてです。これ、非常に重要なルールなんですよ。

売れているショップを見ると、どのショップも1ページ1商品で売っていることにお気づきでしょうか?でも初心者ドロップシッパーさんの多くは1ページに多数の商品を詰め込んでしまっています。

ペタペタと商品のタグを貼り付けて終わり!

たくさん商品があるほうが、気に入った商品を見てもらえる確率が高い。そんな風に考えているのでしょう。でも、実際には誰も見てくれていないんですよ。

インターネットには、たくさんの情報が溢れていますよね?溢れかえっているから、情報を探すことが難しくなっています。それなのにゴチャゴチャしたページを見せられたら、どうでしょうか?

見たくもないですよね。だから即ページを閉じられて終わるんです。お客様は欲しい情報を探しているだけ。しかも自分で考えるのも億劫なんです。


『だから自分でたくさんある商品から選ぶのではなく、オススメの商品を教えて欲しがっています』

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
これ、とっても重要ですよ^^


だからこそ、はじめにも言った1ページ1商品のページというルールが大切なんですよ。1ページで、これも良いですよ。あれも良いですよ。なんて言っていたら、お客様は信頼してくれません。

いろいろある商品の中から、私が選んだこの商品。この部分が良いんですよ。と教えて上げることで信頼感がグッと増すんです。

もし、あなたも1ページにたくさんの商品を並べているなら、1ページ1商品ルールを取り入れてみてくださいね。きっとページがスッキリするはずです。ゴチャゴチャしたページより、スッキリしたページの方が良いに決まっていますよね?^^

もし参考サイトが見てみたいなら、楽天のショップを参考にすると良いでしょう。特にランキング上位のショップの販売ページは1ページで1商品だけ販売していることが分かるはず。

楽天はいろんな面で参考になりますから、ちょくちょく見るようにしましょうね。

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事