解説キャッチコピーに必要な2つの考えとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここでキャッチコピーの役割についてもお話しておきましょう。

キャッチコピーの役割は2つあるんです。

何か分かりますか?

それはお客様の気を引くことと
次を読ませることです。

気を引くことを引きとか惹きとか言います。

とにかくお客様は文章を読みません。

読まないどころか、見ることすらしていません。

パッと眺めるだけです。

この一瞬に飛び込んできた情報(文字、画像など)から
ページを判断しているんですね。

だからこそ、この一瞬に相手の目をつかめるかどうかが、
最初に壁になるんです。

非常に大切なパートであることが分かると思います。

そして惹きに成功したお客様には、次を読んでもらう必要がありますよね。

だからキャッチコピーでは、お客様を本文へと導く役割もあるんです。

多くの販売サイトは、これが出来ていません。
非常に重要であるにもかかわらず、ないがしろにされています。

もしあなたの販売ページにキャッチコピーとアイキャッチ画像が
ないなら、キャッチコピーをつけてみましょう。

最初から上手くは作れないでしょうが、作っているうちに慣れて
くるものです。

ジャンジャン書いて書いて、慣れてしまいましょうね。

これが売れるページ作りの第一歩ですから!!

習うより慣れろです。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事