解説キャッチコピーのデキより、実は大切な前提がある

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッチコピーは、そのデキより実は大切な前提があって、

それが『目立つ』ことです。


キャッチコピーは、

とにかく目立たなければ意味がありません。


周りの文字と同じ文字サイズや色では、

そもそも気づかれませんから。


新聞、雑誌、広告の見出しを思い出してください。

どれも充分に大きい文字で見出しが書かれていますよね?


あれです。あれですよ。

あれくらい主張しないと誰にも気づかれないわけです。


見出しは大きく目立つようにすること。

これが大前提です。


あなたの書いた見出しは充分目立っていますか?

再度、確認してくださいね。


もし目立っていないようであれば、

次の点に注意してみて下さい。


・文字サイズを変更する

・目立つ色に変える(テーマカラーの反対色)

・余白を十分にとる

・文字数が多いときは、単語を強調してみる

・目立っている文字や画像を削除する


おおよそ上記の点に注意すれば、

キャッチコピーが目立つ環境が出来上がります。


そしてこの目立つという前提をクリアして初めて

問われるのが、キャッチコピーのデキなのです。

差し上げます!

ノウハウをギッシリ詰め込んだ冊子

ドロップシッピングのノウハウをまとめたレポートをプレゼント。最新ノウハウもお届け中。詳しくはこちら↑↑

関連記事