解説できすぎくん(販売ページ)で、もっとも重要な部分とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは、もしもドロップピングから提供されている

販売ツール「できすぎくん」を活用していますか?

私は、「できすぎくん」をしっかり活用していますよ。


まぁ、もちろん、そのまま使うようなことはしていませんが、

ベースは「できすぎくん」を使っています。


「できすぎくん」はとても良く出来ているので、

そのまま使っても十分なほどですが、やはり差別化の意味を含めて

変化をもたせることも大切です。


いろいろなポイントがありますが、

今日はそのひとつをお伝えしますね。

そのポイントとは?


それはキャッチコピーを必ず書くということ。


「できすぎくん」でページを作ると、

キャッチコピーを配置する場所に

ショップ名(屋号)が表示されてしまいます。


これをそのまま使うのは絶対にダメです。


お客様が最初に見る部分、

つまり一等地で、ショップ名を伝えることは、

ほとんどの場合、意味がないからです。

お客様が最初に知りたいのは、

『自分が欲しい商品』または『情報』が

そのページにあるかどうか?ということです。


お客様は最初の3秒で

これを判断していると言われています。


そこでショップ名を伝えていては、

お客様は『はぁ?』と思い、

手は閉じるボタンに伸びることになります。


いや?、これはもう致命的です。


最初の3秒でお客様の心をつかむことが

最重要であるのにショップ名など伝えるものだから、

誰もページに止まらない。


これ、売れない理由のひとつですよ!


あなたの販売ページに、

適切なキャッチコピーはありますか?


もしなかったら、

今すぐキャッチコピーを書くようにしましょうね。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事