解説価格は見せる(魅せる)モノ

このエントリーをはてなブックマークに追加

さて、今回もお得感を伝える方法です。

このブログでも何回目かのテーマですが、ネタは尽きません。

なによりとても重要なことなので、しっかり吸収してくださいね!


さてさて、前回は価格の見せ方として2段階で

ディスカウントする方法をご紹介しました。


前回の方法はお試しいただけましたか?

あの方法はかなり強烈ですから、ぜひ活用してください。


実際、私もあの方法で販売されていた

商品をいくつも買っています。(笑)


やっぱり2回値引きされると今がチャンス!

なんて思ってしまうわけです。


この辺の感覚は自分自身の経験から学ぶことも重要ですよ。

そのためには普段からネットで商品を購入することですね。


販売方法を教わるのも良いですが、

自分自身で経験したものは何倍も価値があります。


だって自分で経験しているわけですから、

購入についてリアルに感じ取れますよね。


この実感を持って

「なぜその商品をその店から買ったのか?」


これを自問するわけです。


この癖を持つと販売ページ作りに役立ちますし、

お客様の気持ちが少しずつ見えてきますよ。

話が逸れてしまっているので戻しますね。

え?、価格の見せ方の2つ目の方法でしたね。


価格の見せ方の2つ目の方法は、セットものの価格の見せ方です。


セットものというのは、3個入りとか5個セットとか、

まとめ売りされている商品のことですね。


セットものということは、普通なら割引が入っていますよね。

まとめて買ってくれるなら安くするよってことです。


このとき、ただ単にいくら安いというような表記ではなく

1本あたりの価格を強調すると、より安さやお得感を感じて

もらいやすくなります。


1本あたりの価格を強調し、セットでいくら安いか

さらに強調するわけです。


これだけで2回も価格を見せることが出来ますよね?


何度も、そして違った方法でディスカウントした価格を

見せることでお得であるという印象を与えることができるのです。


また、これも何度も言っていますが、見せたい部分は

とにかく

<< 強調する >>

ことです。


たとえば、こちらのページをご覧下さい。

http://www.dsx101.com/list/drink1.html

価格について、とても大きなフォントが使われていますよね。


さらに前回、ご紹介したテクニックも入っています。
(2段階のディスカウント。このお店では3段階になってます)


このように、この商品はお得ですよ?ということを

一生懸命にアピールしているわけです。


とにかく伝えたいことは何度も違った方法で伝えようと

する努力が必要です。


そのためには販売ページは本気で作りこむことです。

確かに売れる商品なら、適当なページでも売れますよ。


でもです。


本気で作ったページの売れ行きは、そんなもんじゃないですよ。

やっぱり売れる商品の販売ページは本気モードで作り込みたいですね。

作りこむときのポイントですが、伝えたい部分をしっかり見せる!

ことです。


インターネットのページは読まれませんから、

見せる姿勢が必要なんですね。


もちろん、最初から時間をかける必要はないですよ。


最初はとりあえず作って販売してみる。

これで良いのです。

そして売れると分かったら本気で作りこむ。


これが効率的な販売手順であり、王道だと思います。

差し上げます!

ノウハウをまとめた冊子をプレゼント中

ドロップシッピングのノウハウをまとめた55ページのレポートを差し上げております。詳しくはこちら↑↑

関連記事